Halcyon:カーショーディスプレイを極める - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Halcyon:カーショーディスプレイを極める

halcyon_1.jpg

Halcyon

 今回はショーカーとしてぜひともやりたかったことの実現にスポットします。



 HMRでは昔からカーペット展示を取り入れてきました。HCSという舞台も増えたことで、カーペット展示の文化は私たちの中にも広まりました。ただカーショーディスプレイというのは、ただ色付きの地面の上に車を置くだけではありません。ショーカーをもっとよく見せるために、現実のカーショーではさらなる工夫がされています。
 4幅車をいじっているだけだと忘れがちですが、本物のショーカーを作るのは簡単ではありません。イベントに行って薄目で車を眺めているだけなら、綺麗にペイントした車が並んでいるだけに見えるでしょう。しかし本物のショーカーは見えないところまでキレイにやり直しています。特に見せたいポイントは、普通ならば薄暗くて汚れている場所、フェンダーの中です。サスペンションやブレーキまで美しくクロームメッキしているとしたら、タイヤを取り付けたまま展示するのはもったいないでしょう。
 本当は前回紹介したSuper Rollerでこの展示をするつもりでした。しかしタイヤをセットした状態の格好良さを捨てるのがもったいないと思ってしまい、そこでもう1台のトラックを作ることにしました。

halcyon_2.jpg

 ライム色で作った今回のHalcyonは、オレンジで作ったSuper Rollerと瓜二つです。ただ今回のディスプレイに合わせて普通の4輪仕様にしました。ホイールは4個とも外してカーペットの四隅に配置しました。車軸には金色のエスプレッソフィルターをスタンドとしてセットしています。これをやりたいがために、このトラックは普通の車軸仕様にしていたわけです。カーペットは緑をベースに、白いモコモコを周囲に配置しました。

halcyon_3.jpg

 ベッドの内側のスピーカーは、若干立体的な配置を試みています。サイドのトライバルグラフィックは、ライム色に合わせて調整しました。

halcyon_4.jpg

 裏面は白を基本に色を揃えています。ミニフィグは乗せていませんが、ハラキリです。車体を浮かせて展示するにあたって、ハラキリしておくかどうかは難しい判断です。カーショー展示なら人は降ろした状態で置くものですし、見栄え重視で床ありにするという考えもあります。しかしあくまで格好良くフィグ乗りできる状態にしておきたいというのも別の考えとしてはありますね。今回はハラキリにしました。

halcyon_5.jpg

 もちろんホイールを取り付けることもできます。着地車高で置いておくのも大変クールなので、どちらの状態で飾るか迷ってしまいます。

halcyon_6.jpg

 大舞台のHCSで並びました。仲間内の中でもホイールを取り外した展示はこの1台だけでした。オレンジとライムの並びも非常に鮮やかで良かったです。カーショーはトップの世界に行くほどに実用性が失われていくものです。普段乗りせず、イベントに置くためだけに大金を投じて車を作ります。普通の人生を送っていたら決して知ることがない世界があるのです。走らせない車を作るのは無駄なことでしょうか。それは素晴らしき無駄です。4幅車のカーショーディスプレイは今後もどんどん進化していくでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2071-41685075