Oil Dropper:巨大なエンジンのワケ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Oil Dropper:巨大なエンジンのワケ

oildropper_1.jpg

Oil Dropper

 背の高いエンジンを積んだ背の低いホットロッドを作りました。クレイジーに見えるスタイルにも一つ一つに意味があります。



 アメリカのホットロッドカルチャーには過激な改造が非常に多く、そういったものを誉め言葉としてCrazyやInsaneと表現することがよくあります。しかしそういったライターのユーモアを真に受けて、ホットロッドが何の意味もない改造を施していると考えるのは、受け手があまりにも浅はかすぎるといえるでしょう。ドラッグレースの舞台で進化してきたV8マシンのスタイルはアメリカ人ならではの合理性の塊であり、むしろ見ためを考えずに性能だけを追求した結果といえるものです。
 しかしアメ車に馴染みがない私たちからすれば、ボンネットから高く飛び出したエンジンは不合理なものに見えてしまうのも仕方ありません。アメ車やホットロッドで一般的にイメージされる大きなエンジンがどうしてそのような形になるのか、背の高いエンジンを載せることだけに拘った私のOil Dropperで紹介します。

oildropper_2.jpg

 まず最初に断っておくと、今回の車はレース向けではないストリートロッドであり、ショー受けを狙ってわざと大きなエンジンを載せたものです。しかし改造には必ずレースカーやパーツのフィードバックがなければ成り立たないものであり、この車も最新のドラッグレーサーのスタイルを反映したものになっています。
 まずエンジンを大きく見せる要因の一つは車高を下げることです。オリジナルのデュースはエンジンフードを開けると、シャーシの中に埋もれるような低い位置にエンジンが収まっています。車高を下げることでフレームが地面に近づいていき、エンジン位置を上げることになります。車高を下げれば下げるほど、エンジン位置は高く大きく見えるということです。
 ただエンジン本体だけではフードを飛び越えるほどの大きさにはなりません。ホットロッドのエンジンが大きいのは、本体の上にスーパーチャージャーという装置が取り付けられるからです。スーパーチャージャーとは、圧縮することで通常よりも多くの空気を燃焼室に送り込む過給機の一種です。V8エンジンのパワーアップとしてよく使われるパーツで、私たちが過激だと感じるホットロッドは、これが付いていることで過激に見えていることが多いです。エンジン回転からベルト駆動で連動する仕組みなので、搭載できる場所が限られ、基本的にエンジンの上に置くしかないのでフードから飛び出すことになります。
 これだけでもエンジンサイズは結構大きくなりますが、さらに上に設置されるエアスクープが追い打ちをかけて背が高いです。スクープそのものはただ単に空気を吸い込む道というだけですが、特に最近はこれが大型化しています。大量の空気を吸引しているということに加え、空気が通る経路をできるだけゆるやかなカーブにしたいがために、かなり高い位置まで吸気口を伸ばすことが多いです。
 これが背の高い「馬鹿げた」エンジンの正体です。ただのバカだと思ったでしょうか。Crazyと思ったかもしれませんね。それがホットロッドです。

oildropper_6.jpg

 車体の低さにこだわったので、ドアのラインと屋根ができるだけ低くなるようにしました。といっても4幅ホットロッドとしてはよくある組み方になっています。インスタで見かけたグリーンの車を参考にしたので、色はそれに合わせてダークグリーンにしました。パーツは案外困らない色です。と思ったらカーブスロープが足りなかったので、片側のドアだけ色違いになりました。エンジン部分は先ほどの説明通り、背が高くなる構成です。ベルトには最近出たばかりの1x3ラウンドプレートを使って、構造の高さを強調しました。フロントグリルは地面にぴったり着けられなかったのが少し心残りです。ヘッドライトは付ける術がなく省略しました。

oildropper_3.jpg

 タイヤはもちろんリア側が大きなサイズになるバランスです。リアタイヤはトランクよりも上に飛び出すことにこだわりました。タイヤの構成は前後ともいつものパターンですが、フロント側はペグ穴ホイールを黒にしました。ホイールが小径にみえるのでレトロな雰囲気が出ます。

oildropper_4.jpg

 薄い車体にミニフィグを埋めるためにハラキリしています。これでも頭は出てしまうので屋根は開いています。フロントフレームはヒンジで折り曲げる、こちらもいつもの構造です。

oildropper_5.jpg

 エンジンはヒンジを使うV8ブロックで、レールプレートにクリップバーを4個並べることでマフラーを作っています。上に載っているスーパーチャージャーは、後ろから回り込む形で接続しています。
 エンジンが大きいことには理由があります。しかし私がこの車を作ろうと思ったのは、それが格好いいからというだけです。ただし無知では車は作れません。それがリアルなホットロッディングでも、レゴ4幅車でもそれは同じです。いつまでも学びを忘れない姿勢でいたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2077-06675b56