Sidekick:クロカンのローライダー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Sidekick:クロカンのローライダー

sidekick_1.jpg

Suzuki Escudo / Builder: テイラミック

 ローライダーは案外と自由なカルチャーで、ベースがインパラやフルサイズカーだけには留まりません。日本の小さな車でもローライダーを作ることができます。



 スポコンブームが到来する前の1990年代において、USを目指し、日本のコンパクトカーで作る最もクールなカスタムといえばローライダーでした。ローライダーコンパクトといって、主にホンダのシビックやアコードをベースにしていました。ただそれらホンダのコンパクトたちは屋根が低いですから、格好いいローライダーの姿を想像するのも容易ですね。界隈ではもっと個性派な車たちもローライダーになっており、それがスズキのジムニーやエスクードといったコンパクトなクロカン車です。アメリカではジムニーがサムライ、エスクードはサイドキックという名前で販売され、馴染み深い車でした。アメリカの日本車はそれだけで雰囲気が変わりますし、それがカスタムされた姿はより一層輝いて見えます。今回紹介するエスクードも、カーショー会場で他の車に負けないオーラを放っていました。

sidekick_2.jpg

 ハイドロ足を全下げにした状態です。短いホイールベースにミニフェンダーを使い、高めのベルトラインと屋根を持ちます。ボディカラーは白に、黒いトップというシンプルなカラーリングですが、しっかりとカスタム感の演出がされています。ポイントは金色のホイールやグリル、そしてクリアテールや、逆に色付きのヘッドライトなどですね。ウィンドシールドと同じ色のライトというのが個性に見える配色です。ディスプレイは周囲をバーで囲んだ凝ったもので、同じ色のクリアパーツを周りに配置しています。

sidekick_3.jpg

 ハイドロギミックでさまざまなポージングができます。4幅という小ささであってもハイドロの動きを取り入れるのは、ローライダーなら必須ですね。小さな車でカスタム感を出すために、アピールできる場所は限られてきます。エスクードでやるならテールに取り付けられたスペアタイヤを活かすのがベストです。普通の車なら後からコンチネンタルキットを取り付けているところを、エスクードの場合は最初からそれが付いているようなものです。スペアのホイールもメインと同じカスタムのホイールを取り付けるのが定番で、あえてタイヤなしで取り付けられています。デフォルメ感の関係でタイヤを付けるとスペアタイヤが大きすぎる気がするので、1x1パーツのホイールのみの方が雰囲気が出るかもしれません。

sidekick_4.jpg

 小さな車体に詰め込まれたハイドロの仕組みはこちらです。上下に動かせるのに加えて、キャンバー角を付けて上下もできます。室内に干渉することのないコンパクトな構造です。そのためハラキリで低い位置にミニフィグを乗せることができ、薄い屋根でも収まっています。

sidekick_5.jpg

 ローライダーにも様々な車があり、4幅車の世界にもそれがだんだんと広まってきています。4幅車でローライダーの歴史が始まって長いことが経ちますが、まだまだ広がりの余地があるジャンルだと思っているので今後もみんなの個性的な新作が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2084-9b8888a4