Mutant:優等生スタンスには飽き飽き - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Mutant:優等生スタンスには飽き飽き

mutant_1.jpg

Builder: 最澄

 スーパーカーをベースにした超ワイルドなカスタム、レゴでなら皆さんにも手に入れられます。



 4幅車におけるエキゾチックスーパーカーの組み方には一定のセオリーが確立しています。ランボルギーニ風のスーパーカーを何台か作ってきたビルダーが新しい、スタイルに挑戦したのが今回の車です。最初に組まれた時は至ってセオリー通りの組み方の車でした。しかしそのインパクトの弱さにカスタムを考え、そしてたどり着いたのがCGレンダリングのアイディアを参考にすることでした。
 現代、カーカスタムの形は多様化しています。プラモデルやミニカーは古典的ジャンルです。レゴ4幅車は新しい方でしょう。3DCGは今や多くのトレンドを生み出す新興ジャンルです。現実にはできないカスタムもCGなら自由自在で、そこからアイディアをもらってくるのも現代ならではのカーカスタムといえます。

mutant_2.jpg

 フロント部分はシティフェンダーを使った典型的なスーパーカービルドです。フロントにエッジを持たせてランボルギーニを意識します。ボディカラーはダークパープルというあやしさの漂うチョイスで、エアロディスクがレトロフューチャー感を出します。元々は後ろまで同じトーンで作られていた車でしたが、後半に大幅なカスタムが加えられ、エンジンやエグゾーストがむき出しのワイルドなスタイルになりました。

mutant_6.jpg

 インスタグラムで見かけたCG作品を元にしたとのことです。ルーフから後ろのカウルを取り除き、印象的な直管マフラーや大型のリアウィングを装着します。ランボルギーニのボディをぶった切るのは現実ではなかなかできないですよね。しかしレゴでならいくら大胆でも問題ありませんし、その分クールになるのでむしろお得です。光を反射するクリアパーツの配置が近未来感を出しており、赤い4Lバーのテールライトの他に、ダッシュボードにもクリアレッドのパーツが置かれて雰囲気を作り替えています。むき出しのタイヤはむっちり感のあるチョイスで、しっかりと存在感を発揮します。

mutant_4.jpg

 フロントはT字バーを使ったキャンバー角のセッティング、リアはクリップです。ブラケットを駆使して様々な方向にパーツがつながります。リア車軸は奇数幅にずらしてありますね。複雑な接続をスマートにこなしており、歴戦のビルダーなだけありますね。

mutant_5.jpg

 ルーフパーツをかなり低い位置に置いており、ガルウィングを上げるとドアが一番高くなります。やはりこの姿が一番ド派手で格好いいですね。世にいう「スタンス」とはフェンダーありきの概念ですが、フェンダーレスを取り入れたスタイルも近年割と見受けられることがあります。優等生スタンスに飽き飽きしているなら、こういったワイルドなスタイルを取り入れるのもありでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2087-a6473d51