Pro Stalker:マツダICONIC SPのプロストック仕様 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Pro Stalker:マツダICONIC SPのプロストック仕様

prostalker_1.jpg

Mazda Iconic SP "Pro Stalker"

 昨年10月に発表されたマツダのコンセプトカーICONIC SP、それをさっそくカスタムしました。



 2023年10月25日のジャパンモビリティショーにてマツダのICONIC SPというスポーツコンセプトが発表され、瞬く間に4幅車界隈のトレンドになりました。数日の間にもICONIC SPを再現した多数の4幅車が投稿され、再現するには難しいこの曲線美に多くのビルダーがチャレンジしたのです。私も流れに乗って作ってみたのが今回の車です。もちろんそのまま作る気はないのでカスタムします。しかしシャコタンバージョンは、つきくささんに先に作られてしまいました。

x_iconic_sp_19.jpg

 彼はノーマルバージョンで一度作ってから、こちらのスタンスバージョンを作っていました。非常に格好いいボディスタイルの解釈です。私はこれを真似した上で、違った方向の仕様に作り替えることにしました。
 というわけで私のPro Stalkerはドラッグレーサー、その中でもプロストック仕様で作ることにしました。70年代にはロータリーでNHRAを走っていたマツダですから、こんな仕様も大アリです。

prostalker_2.jpg

 ボディのキャビン周りはつきくささんが作ったストックボディのままに作っています。顔面の作りも基本的には真似しており、タイルとウェッジスロープをクリップで掴む手法です。プロストックをイメージしてフロントノーズは長く作りました。一昔前までは大きなエアスクープが付くイメージだったプロストックですが、2016年のレギュレーション変更でエンジンがインジェクションになり、それに伴ってエアスクープなしの姿になりました。もちろんICONIC SPは最新の車なので最新のルールに沿った形にしました。ただカウルインダクションフードのように盛り上げても良かったかもしれません。
 フロントタイヤはナロータイヤで、オフセットはできるだけ引っ込むように収めました。

prostalker_3.jpg

 リアには大きなタイヤを収めるため、フェンダーから大幅に作りを変えました。1x4のブリッジカーブスロープを両側に5幅の配置で置いています。それでリアデッキのスペースが3ポッチ幅になったので、リアウィンドウもまるきり作り直してます。テールにはパラシュートボックスとウィリーバーを付ければ競技車両っぽい見た目になりました。

prostalker_4.jpg

 当然ながらハラキリです。足の固定ナシでなんとかミニフィグが収まっています。ルーフパーツも一応頭を収めるスペースがあるものですが、ヘルメットは被せられませんでした。小さい屋根なので頭が大きくなると収まらなくなるんですね。リアホイールはクリップ固定です。通常の2x2車軸だとトレッドが広くてドラッグレーサーらしくないので、ナロードするためにクリップ固定しています。ランプホルダーの両側に上向きクリップを付けるとかなりナロードできます。
 新しい車を作るのは良い刺激になります。最初に写真を見た時は4幅で作るのが困難な車だと思いましたが、他の人の作例を見るとなんとかなるものだなぁと思いました。ということは、大抵の車はなんとか作ることができるということです。今後も軽い気持ちで新しい車にチャレンジしていきたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2091-ccd5c13f