The Black Whale:ポルシェ935のシルエット - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

The Black Whale:ポルシェ935のシルエット

blackwhale_1.jpg

Porsche 935 "The Black Whale"

 誰かがポルシェ935を作っていたので、私も作ってみることにしました。



 最近のワイドブームボディの最中で、ポルシェ935を含めたシルエットフォーミュラに再注目が集まっているというような話は以前の記事で書きました。ポルシェ935という車は一周回ってトレンディな車です。そして生まれた時から重度のポルシェファナティックだった私にとっては、ポルシェを作るというのは特別な挑戦です。
 実はオレンジ色の935/1号を作る傍ら、そちらが行き詰まったから作ったのが黒の935/2号、このThe Black Whaleです。昨今の4幅車の格好良さの秘訣はボディの低さにあります。そしてワイド感も重要ですね。リアリティを取りすぎて手加減してはいけません。徹底的に低く、ワイドに、リアルなポルシェ935のことは忘れてビルドしました。

blackwhale_2.jpg

 私の解釈は4幅のフロントノーズでした。フロントバンパーのエッジをラウンドタイルで丸めることで935らしい顔面にできます。車体の薄さを表現するには、フェンダーの薄さがポイントです。タイル1枚分の厚みだけを持たせて、赤の11mmワイドホイールを収めます。ボディ構成はシンプルにして、ボディサイドは2x4タイルを配置しました。サイドステップに赤いタイルを組み合わせることでインパクトのある見た目にできました。組み合わせた控えめなグラフィックのシールも上手くハマったと思います。スピードチャンピオンズのポルシェのシールから転用です。

blackwhale_3.jpg

 リアフェンダーは思い切って6幅にしました。最近の4幅車では、これくらいのワイド化は当たり前ですね。しかし大切なのは最大幅の数字ではありません。レゴ作品として見れば、そのサイズはたったの6ポッチともいえます。車をワイドに見せるメリハリが大切なのです。きっちり4幅のルーフ、内側に引っ込んだテールライト、大きなリアウィングもフェンダー幅よりも内側にあるという、全体の配置でワイドに見せるわけです。
 リアフェンダーとリアデッキはタイルでほぼ真っ平に作りました。全体的に単純なパーツで直線の伸びやかさを活かしたフォルムにしました。ポルシェ935の再現はほぼ考えていません。どちらかといえばレゴパーツの形状に合わせてビルドしました。

blackwhale_4.jpg

 ホイールの取り付けはもちろんクリップです。ハラキリでミニフィグを収めます。やはりフィグ乗りにした上でないと、ルーフの低さのインパクトは出ないので無理やりにでもフィグ乗り化します。ワイドなリアはトレッド幅を広くしてあります。

blackwhale_5.jpg

 ボディサイドの分解図も載せておきます。エッジを利かせるのに三角タイルはよく使います。フロントの接続に使っている、コーナー側面ポッチブロックは黒が在庫切れだったのでここだけ水色です。
 最近の4幅車はビルテクの進化によって、どんどんリアルになってきています。しかしリアリティも再現度も、本当に大切なことの横に置いておくべきことです。リアルさよりも格好良さを追求できる4幅車というジャンルの楽しさがそこにあります。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2093-716af17d