Baby Toy:レゴ色のミニトラッキン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Baby Toy:レゴ色のミニトラッキン

babytoy_1.jpg

Baby Toy / Builder: はやピー

 4幅車で盛り上がっているジャンルの一つがミニトラッキンです。ハイドロで動くのは足回りだけではなく、ベッドも踊り始めます。



 ミニトラッキンというジャンルは4幅車の中でも超初期の頃から作られています。90年代のUS系カルチャーの中において、ミニトラッキンは中心的存在でした。それに加えてベッドダンシングのギミックはレゴで作るのに非常に映えるので、4幅車で作り甲斐があります。
 今回紹介するトラックはカラフルな塗装が目立つ渾身の一作です。このクラシックな改造スタイルが若い世代に伝わり、4幅車という形で新しく表現してくれたことが嬉しいですね。

babytoy_2.jpg

 ボディスタイルは4幅ミニトラッキンのセオリーに則っています。スクエアなフードの下には、クリアのヘッドライトブロックを横にしたライト表現が見られます。ボディの下半分にはカラフルなプレートのモザイクが描かれています。色を揃えて作るのがレゴビルドの基本ですが、あえてバラバラの色使いでギャラリーの目を惹くカラーリングに上手く落とし込んでいます。ボディ全体ではなく下半分だけというバランスが、ボディペイントとしての表現に見せるポイントですね。
 室内を見るとスピチャのホイールディスクを使ったハンドルに、シートも取り付けられています。内装の見た目にしっかりこだわっているようですね。シートポジションが高いのでミニフィグを乗せると頭がかなり飛び出すと思われますが、ショーに置いた時の見た目重視なんでしょう。
 足元は1Lコネクタをホイールに、ブロック溝タイヤを裏返しで履かせています。

babytoy_3.jpg

 ベッドとシェルが別々に動く複雑なギミックです。トップにアンテナを付けているアレンジが90年代感を出していて良いですね。また90年代感を出すアイテムとして、メッキのフェンダーも取り入れています。これはガンダムマーカーで塗装したものです。レゴビルドとしてはイリーガルですが、90年代定番アイテムのフェンダートリムを再現したいという気持ちは非常によく分かりますね。4幅車ビルダーはみんなやりたいのではないでしょうか。
 ちなみにフェンダーの元色は貴重品のブライトオレンジです。「どうして?」と聞いたら、ブライトオレンジで車を作ることがないからだそうです。パーツ量が少ない若手ビルダーならではの発想です。

babytoy_4.jpg

 車軸はフロントもリアも動かしてポージングすることが可能です。ベッドの動きとタイヤの動きを両立する構造がクールです。ちなみにリア車軸に使っているクリップバーは近年握力がかなり貧弱で、このように使うと簡単にへたってしまうのですが、最新ロットではクリップの握力が強くなっているそうです。今後はこの構造でも問題なくなりそうですね。

babytoy_5.jpg

 ベッドの縁からさらにドロイドアームを伸ばしてシェルを持ち上げます。シェルはさらに回転もできるのでかなり派手なアクションにできます。

babytoy_6.jpg

 もちろんベッドとシェルはきれいに閉じることができます。車高もベッタリ低くできます。ここまでできる完成度の高さがショーカー作りの本気さを感じられますね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2098-036d177f