Flash Fire:火は消せないが火花は出る - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Flash Fire:火は消せないが火花は出る

flashfire_1.jpg

Builder: つきくさ

 少し前にも消防車のスラムドカスタムを紹介しました。今回もかなり低い消防車です。



 最近4幅車界隈で流行っている(?)消防車の紹介です。シャコタンジャンキーが多い4幅車ビルダーは、働く車系には興味が薄いことがやっぱり多いかと思います。みんな低くて格好いい車が好きだからです。しかし逆を言えば、低くして格好良くなるなら働く車も悪くありません。というわけで色が派手でインパクトがある消防車にスポットが集まっています。(というのが私の解釈です)
 改造車の魅力は「実用性の放棄」にあります。現実にたくさんの人間が車の車高を下げて、まともには走れない車を作っています。いかれてると思うでしょうか。私はそれを文化的な行いだと思っています。だから消防車という、本来なら仕事をこなすための車のシャコタンカスタムが魅力的に見えるのです。

flashfire_2.jpg

 丸いボンネットや丸いフェンダーがビンテージな雰囲気を醸し出します。白にペイントされたフロント回りもビンテージ感をマシマシにしてくれますね。ヘッドライトとグリルのパーツ配置が的確で素晴らしいです。ボディ防犯は大きく張り出したサイドステップを付けて消防車らしいスタイルになっています。ボディサイズに合わせたハシゴの組み方も素晴らしいですね。
 大胆にスラムドしたフェンダーの内側には、インセットされたホイールが見えます。上から見下ろすとわずかしか見えないですが、ホイールはパールゴールドが使われ、赤いボディと美しいコントラストを織り成します。フロントのディスクホイール、リアのワイドホイール共にパールゴールドは貴重品です。

flashfire_3.jpg

 荷台の作りも非常に丁寧です。ハシゴの反対側にはホースが取り付けられています。サイドステップや各部のディテールにしろを使っているのが良いアクセントになっていますね。

flashfire_4.jpg

 裏面を見ると完全な6幅となっています。ただサイドステップ部分が広いだけなので、全体として見れば4幅車っぽいサイズ感です。裏から見るとリアホイールが太く、フェンダーもその分ワイドになっているのが分かります。車軸位置はクリップヒンジによって可動するので、着地車高にもできます。これが火花を散らしながら走っていたらとんでもなくクールでしょうね。

flashfire_5.jpg

 昨年のホットロッドカスタムショーでは私のOld Fighterと並びました。サイズが小さく、また上向きのポッチが隠れている今作の方がビルド密度が高く感じられます。
 もうすぐ開催のHMRでもクールな消防車が集まる予感がします。皆さんもぜひ自分だけの消防車カスタムに挑戦してみてください。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/2100-cb404be6