【Brickshelf】スーパースリムなボンドカー。アストンマーチンDB5。 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【Brickshelf】スーパースリムなボンドカー。アストンマーチンDB5。

536944car1.jpg
Aston Martin DB5
User: doppo
Brickshelf Gallery - THE-CAR-OF-JAMES-BOND

 4幅車にも色々な形があります。世界でもボンドカーとして有名なこのアストンマーチンも、他には類を見ない独自のメソッドで作られた作品です。




 まるで6幅サイズで作った作品を横に押しつぶしたかのようなプロポーションが独特です。おそらくワイヤースポーク風のこのホイールをどうしても使いたかったのだと思われます。4幅車ではあまり使われない大型のホイールを使い、アーチが小さいシティフェンダーでそれを呑み込んでいます。そのため4幅の乗用車としては非常に高いボディ高を持ちます。サイドシル部分をスロープで丸め込む処理はやりたくても、スペースの都合でなかなかできない部分です。
 フロントノーズは長く取られ、大胆なカーブパーツを使ってボンネットの造形をすることを可能にしています。若干斜めに取り付けられたルーフは緩ハメによるものです。フロントウィンドーをスリットで挟んでいるのも保持力に貢献しているみたいです。

536944car4.jpg

 縦のスペースが広いので、テールの表現もウィンカーを含めることができるわけですね。フェンダーラインの丸みを表現するパーツ使いが面白いです。バンパーはメッキのナイフを使います。レゴのメッキパーツはかなり限られますから、こういった活用法は4幅車では必須ですね。双眼鏡パーツのマフラーも片側から出ていて雰囲気が良いです。

536944car5.jpg

 ボンドカー特有のギミックが飛び出した状態です。横に棒を挿せるのもこのホイールならではです。非常にスリムなそのプロポーションは、4幅車作りへの新しい指向を教えてくれているようです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/222-dec91f63