【オフ会】中央無線タクシー。フィグなし4幅車の可能性 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【オフ会】中央無線タクシー。フィグなし4幅車の可能性

orangetaxi_1.jpg
作者:Tary

 先日のかなレゴで撮影した作品です。Taryさん製作の4幅車は当ブログで常連となっているビルダーの作品とはまた異なったロジックで組み立てられています。その秘訣はフィグを乗せないということです。

【オフ会】かなレゴ2ndに参加しました。時代は4幅車!




 オレンジの車体に青のライン、白いボンネットと、東京の方なら必ず目にしているであろう中央無線タクシーを再現したモデルになります。確かに4幅で作られた車作品ではありますが、今まで当ブログで紹介してきた作品とは一線を隔す作風のある一台です。それはこの作品にフィグが乗らないことも一因ではありますが、フィグ乗せを考える必要がない状態での自由なビルドであるということが大きいようです。

orangetaxi_2.jpg

 サイドに入る青ラインはフィグ乗り前提の作品では実現が非常に難しいカラーリングです。しかしこの作品ではドアやフェンダーといったいわゆる車専用パーツを使っておらず、タイヤアーチはスロープを使うことで前後に通るラインを入れることを可能にしています。また窓はあえてガラスをあてがわず、ロボットアームでのピラー、そしてミニフィグハンドのワイパーを置くことで間接的に窓ガラスを表しています。普通は風防パーツを置いてしまうので、Aピラーは省略されてしまうところなんですが、こうして表現することで車模型としてのクオリティは数段アップしていますね。

orangetaxi_3.jpg

 リアトランクの大胆な変則スロープ使いも4幅車ビルダーならなかなかやらないところですね。前後のナンバープレートはお金プリントタイルで、日本の緑ナンバーを再現しています。ナンバープレートや黒のバンパーなど、色のセットが完璧であることが再現度の高さにつながっていますね。フェンダーミラーまだ再現されているのがまた高ポイントなのです。

 フィグを乗せないことの利点としては、屋根を低くできる、作品を小さくできることを考えがちですが、さらに作品のディテールアップを図れるということも大きな要素として挙げられることが分かります。ボディサイドの色分け、ルーフの作り方にはかなりの自由度がでてきますからね。またこの作品にはフィグ乗り4幅車にも活かせるアイディアが詰まっています。

chuomusentaxi.jpg
 クラウンコンフォートの中央無線タクシーは、都心の風景の一部ですね。シンプルなセダンスタイルは、今の目で見ると少し古風です。作品と見比べると、色のトレースが完璧であることが分かりますね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

G/WR-SPC says...""
一瞬見たとき五幅車かと思いました。

四幅でこんなリアルなタクシーを作れるというのはまだまだ四幅車にいろんな工夫の可能性が満ちていることを感じられます。

私はフィグ乗りを基本に制作していますが、風防パーツはなかなかかかせません。
ヒンジパーツなどで窓を再現しようと思ってもピラーが分厚くなってしまうのもあるし、窓自体の形が小さくなってしまうからです。

なんか打開策とか思いついたらいいのですがね。
いっそミニフィグを犠牲にして手をピラーにするとかモンスタートラックとかに入ってる工具をピラーにするとか…
2014.03.30 01:29 | URL | #HfMzn2gY [edit]
Tamotsu says..."Re: G/WR-SPCさん"
普段車を作らないレゴラーの作品こそ新鮮な驚きがありますね。
たまには発想の転換は必要かもです。

私もレゴの街・シティ準拠の車を作りたいと思っているので、風防は欠かせませんね。
ただピラー表現なしでは、車の再現にも限界があるんでよね。
その辺りの割り切りは非常に難しいです。
2014.03.31 21:38 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/257-b5cd7eb0