【オフ会】軍用車の面影なし!サイケデリック・シュビムワーゲン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【オフ会】軍用車の面影なし!サイケデリック・シュビムワーゲン

Schwimmwagen9.jpg
作者:SIGEZO

 かなレゴで撮影した作品です。4幅車は非常に盛りだくさんな会でしたが、そのカラフルさで一際目を引いたのがこのサイケデリックなシュビムワーゲン9台です。

【オフ会】かなレゴ2ndに参加しました。時代は4幅車!




 作者によるシュビムワーゲンは以前にも紹介させていただきました。

Schwimmwagen_2.jpg
【オフ会】フラワーパワーのシュビムワーゲン

 ダークグレー一色で製作されたシュビムワーゲンは、まさにミリタリーといったジャンルのものに分類される作品でした。だからこそ、リアのスクリューに使われた花びらパーツが映える逸品です。
 今回の作品群はこのシュビムワーゲンのカラーバリエーションとなるわけです。自分の作品を色違いで作るのは投稿サイトでもしばしば見られることではありますが、元々の車のカラーからしてこのサイケデリックなカラバリ展開は絶大なインパクトのあるものとなりました。

Schwimmwagen9_5.jpg
 黒・赤・青・黄と特にカラフルな1台。縦に色分けしていくのはレゴビルドでは結構難しいんですが、元々の作品の構造から可能になっています。

Schwimmwagen9_1.jpg
 真っ白いボディに随所の赤い挿し色が眩しいですね。ホイールには白メッシュが使用されていて、最もアグレッシブにカスタムされた1台でした。ポッチの挟み込みで固定されたリアウィングは必見です。

Schwimmwagen9_2.jpg
 青いボディに白い幌がとっても爽やかです。キューベルワーゲンにはレプリカがありますが、もしシュビムワーゲンにもレプリカが出ていたらこんな乗り方をしても良いかもしれません。

Schwimmwagen9_3.jpg
 グレーで作られたバージョンは流石に軍用車といった趣でしっくりきます。それでもダークグレーのオリジナル版と比べると印象は違ってきます。ヘッドライトの組み方が変わっているのも影響していますね。

Schwimmwagen9_4.jpg
 赤いモデルはシートがピンク色でちょっとガーリーな感じです。この1台はヘッドライトの組み方が違っていて、オリジナル版と近いです。使われているのはスポーツシリーズのスケボーの車輪ですね。

Schwimmwagen9_9.jpg
 幌を閉じたバージョンです。プレートの積層で組まれた幌は、車と合わせてもしっくりきます。半プレートずらしで積んでいるのが効果大ですね。

Schwimmwagen9_6.jpg
 黄色と黒の組み合わせは意外とクラシックな雰囲気にマッチします。公共事業用の車両みたいです。ちなみに幌屋根はリアデッキ上に置くだけとなっています。

Schwimmwagen9_7.jpg
 ボディはグレーですが、下半分が青、さらにホイールが白になっていることでだいぶ明るい雰囲気になります。フロント部分にビデオテープのプリントタイルを使ってますね。

Schwimmwagen9_8.jpg
 こちらは緑の紙幣プリントを使用。緑色だとまるでカエルのようです。全身緑だとそれはまたミリタリー感が出てくると思いますが、白との組み合わせなのでそういった気配は消されています。

 色違いを作る場合、頭を捻る労力はゼロから作るよりも軽減されますが、意外にもパーツ面で壁に当たることが多いです。やはりレゴにはリリースされている色と種類にバラつきがあり、赤・青・黄色のような基本カラーですら供給は均一ではありません。この作品はあまり特殊なパーツを使っていないために、カラバリは作りやすかったとのことです。それでもこの数には圧倒されました。数で魅せるというのも4幅車ならではのアピール方法ですね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

SIGEZO says..."No title"
こんにちは!
とても細かく紹介してくれて感謝です!
やっぱり、これだけじっくり見てもらえると嬉しいものですね。

・このシュビムワーゲンレプリカは、Schwimmwagen.Coの創設者である
 水夢 源蔵(すいむ げんぞう)がドイツ在住時に趣味で乗っていた
 シュビムワーゲンの便利さにほれ込み、日本でも手軽に乗れるよう
 レプリカとして開発したものである。

 基本設計は、Typ.166をベースにはしているが、新規に設計されたもの
 である。オリジナルのサイズW:1.480×L:3.825に対し、W:1.480×
 L:3.400としており軽自動車登録が可能である。
 (実際は、スクリューユニットの長さ分、3.400mmを超えているが、
  ユニットが取り外し可能なため、軽自動車枠に収まっている。)
 
 エンジンはスズキ製K6ユニットを搭載。ターボモデルも搭載可能である。
 ただし、オリジナルの雰囲気を重視するユーザのために、VWメキシコ
 製の空冷ユニットも選択可能である。当然、この場合は普通車登録と
 なる。

 当初、Schwimmwagen.Coでは軍用風の外装のモデル(カラーはサンド
 イエローとダークグレー)のみ扱っていたが、渋谷系オシャレ女子にも
 乗ってほしいという水夢のたっての希望により、ホワイト、ブルー、
 レッド、イエロー、グリーンの5色も用意した。これらは外装のスコップ等
 の装備は省かれ、主に安全面の配慮から前照灯を径の大きいものに
 変更されている。
 ちなみに、地上走行時は普通免許で問題ないが、国内での水上走行の場合は、
 4級以上の船舶免許が必要である。

 市販しているのはおもに上記仕様であるが、プロモーション用にカスタム
 されたバリエーションもいくつか存在する。

・・・という自分の妄想から生まれた作品です。完全に自分が楽しくて作って
いただけですが、面白がっていただけたなら幸いです。

では!
2014.04.13 23:50 | URL | #SFo5/nok [edit]
Tamotsu says..."Re: SIGEZOさん"
設定考えるのはとっても楽しいですね。
シュビムもレプリカあったらいろいろ楽しく遊べそうな感じです。
インターメカニカ製のキューベルレプリカは結構ポップな感じも出してますし。

うちとしては珍しい感じの作品紹介ができたので良かったです。
2014.04.15 22:51 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/263-a6f86fe5