【ブログ】イギリス・マン島の固有種。ピールP50 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【ブログ】イギリス・マン島の固有種。ピールP50

peel_img_0.jpg
Peel P50
作者:かう゛ぇ
Peel P50 - レゴの家 SIDE B - Yahoo!ブログ

 車の進化の過程はまるで生命の進化の過程のようです。昔々には、今ではその名前も忘れ去られているような自動車メーカーがたくさんありました。しかし多くの弱小種はより強い種に"喰われて"姿を消してしまいました。




peel_img_001.jpg

 ピールのP50という車はまさにそんな弱小種の車です。ピールというのはイギリスのマン島にあった会社で、町の名前をそのまま社名に掲げていました。会社自体はとうの昔に倒産してしまっていますが、この車実は最近限定再生産されています。画像はその復刻されたピールP50です。

peel_img_2.jpg

 そんなわけでこんな小さな車こそ4幅車にはピッタリの題材です。実車同様に必要最小限のサイズで作られたボディは、オリジナルの雰囲気を完璧に再現しています。後輪が完全にボディの後ろに隠れていて、普通の車だと思ってみると少し不思議な見た目ですね。

peel_img_1.jpg

 後輪が一輪となる三輪車なのです。日本でもオート三輪はよく知られていますが、イギリスにもこうした三輪の小型車というのは結構多いのです。もしかしたらこの画像からなんとなく察する方もいるかもしれませんが、実はフィグは上半身のみが乗っている形となります。一輪のホイールホルダーは天辺が2x2サイズありますから、この配置をするとどうしても車内に侵入してくるのですね。
 元々の可愛らしい姿がレゴのイメージと合致した素晴らしい作品でした。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

かう゛ぇ says..."No title"
ご紹介ありがとうございます!

なんかいいですよね(^^
実車はもちろん、LEGOらしい題材だなぁ、と思って、組まずにいられなかったという車です。

うちのレゴの町がイギリスの片田舎的と言いますか、そんなに大きくない、そして時間が止まったような空間なので余計にこういう車がいいというか。

フィグ乗りなら全身、というのも考えたんですが、無理した結果、実車のかわいさをスポイルしてしまっては意味がないので、実車ありきで組んでます。
これするとよく怒られるんですが、フィグもパーツの一部としてそれらしく見えるなら可と勝手なルールを作ってます(^^;
2014.05.19 09:03 | URL | #cFdA8Xk. [edit]
Tamotsu says..."Re: かう゛ぇさん"
どうしても作りたくなる題材ってありますよね。
なんだか見た瞬間に衝動に駆られるというか、自分の作りたいものを作るときというのは興奮します。
フィグが上半身しか乗らないというのも、一つの割り切りとしては良いと思いますね。
4幅車ビルドには常に差し引きと妥協が必要なものなんです。
2014.05.19 22:24 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/279-cf128c67