【レゴ作品】クーペスタイルのホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【レゴ作品】クーペスタイルのホットロッド

PB140017.jpg

レゴコミック「赤い自動車」のエキストラカーとして製作した車です。
先日紹介したオレンジ色のホットロッドと対になるものとし、少し異なった手法で作ってみました。




こちらは屋根ありのクーペとなるのがまず大きな違いです。
またエンジンが露出したフロント回りを、先のオレンジ版で使ったエンジンやフロントグリルなどの便利パーツを使わずに組みました。
エンジンはグレーパーツでより巨大で迫力のあるスタイルになりました。
フロントグリルはスリットタイルを縦に並べて垂直に立ったラジエーターとしました。
エンジンから伸びるマフラーは試行錯誤の末に結局付けなかったと記憶しています。
PB140015.jpg

フロントグリルについて2幅の梯子パーツを使う人もいますが、やっぱりグリルは縦スジでないと不自然なため、スリットタイルにしました。
805050L.jpg


またフロントタイヤに太軸用小径ホイールを使用しました。
ハーフペグと蛇口パーツで取り付けしています。
PB140019.jpg
この足回りの表現は、実車の華奢な足回りの雰囲気が出せてお気に入りです。
またクリップによる取り付けが貧弱なため自然とハの字に広がるところがポイントです。
スリットが左右で新旧灰色になってますね。
私は割りと新旧気にせずに組むことが多いです。


後ろはガソリンタンクを付けてみました。
ルーフはミニフィグを載せる都合上高くなってしまいました。
本当ならチョップトップにしたかったのですが、この時の私ではそれを実現するスキルがなく、仕方なくノーマルの高さに。
PB140018.jpg
フィグ乗り4幅車はどうしても屋根が高くなりがちです。
そのマンガチックなスタイルも昔ながらの良さではありますが、やっぱり格好いい車は低いのが基本です。
フィグ乗りと低さの両立は4幅車ビルダーにとっていつも課題となりますね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/29-f8dbce83