【ブログ】コンパクトに考える。トヨタWiLLサイファ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【ブログ】コンパクトに考える。トヨタWiLLサイファ

WS-8.jpg
トヨタWiLLサイファ
作者:シゲ
これはブログである。名前はまだ無い。 4幅車の日なので2本目。またもトヨタネタ

 コンパクトカーは非常に身近な存在ではありますが、それゆえに趣味の対象として捉えられることは稀です。しかしだからと言って、レゴで作るテーマたり得ないかといえば、そんなことはありませんね。




 街をテーマとしたレゴのシリーズの題材となっているのは日常です。私は自分が作る4幅車は必ずレゴの街に住まうものの一つだと考えています。車がある場所には必ず風景があり、人がいます。道路を走っているのはスポーツカーや改造車ばかりではありません。たくさんの「何の変哲もない車」がいるはずです。

 この作品の元となっているトヨタWiLLサイファといえば、確かに日常的に見ることができるコンパクトカーの一つです。しかしデザイン的に見れば、それが「何の変哲もない」と一括りにしてしまうには忍びない個性を持っています。

WS-1.jpg

 短いホイールベースの中に凝縮されたボディデザインは、まさに今風のコンパクトカーと言った雰囲気です。シティフェンダーのラインは、この車を再現するにはピッタリの選択でしたね。屋根からフロントウィンドウ、ボンネットと滑らかにつながるラインもレゴの現代のパーツを使うことで再現されています。注目のポイントはフロントフェイス部分の特殊な組み方です。小粒のテクニックパーツやミニフィグの腕など、あまり4幅車作品に使うことが想定されていないようなパーツの意外な使い方に驚かされます。

WS-2.jpg

 リアウィンドウ周りの表現も、実車のイメージを大切にしていますね。ウィンドウ脇のテールライトにグリルスロープを当てているのは上手い見立てです。またテールゲート部分の1x2中央ポッチプレートや、ナンバープレートの配置など細かい調整がされていることが分かります。

toyotawillcypha.jpg

 今でも普通に走っているところを見ることができるかと思いますが、実は生産終了してからもうすぐ10年が経過しようとしているようです。wikipediaを見てみたらサイファというのは、サイバーとフェートンを合わせた造語であるらしいです。自動車の形式としての本来のフェートンとは、サイドの窓ガラスがないカブリオレのようなものを指します。ただしここで言うフェートンというのは、馬車の時代にさかのぼってのフェートンをイメージしているようです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

jip says..."No title"
フロント周りの表現が秀逸ですね。
サイファの特徴的なヘッドライトをとても上手く再現していると思います。
ミニフィグ腕のカーブが、フェンダーのラインといい具合にマッチしてますね。

リアに向かうほど絞られたデザインになっている側面窓の表現も、実車をよく
観察されたからできる表現ですね。個人的にとても素晴らしいと思いました。

WiLLシリーズはデザイン的に一番無難な(?)VSが好みですが、
このサイファはキュートにまとまっていて好きです。
2014.06.15 15:26 | URL | #gToLfGw6 [edit]
Tamotsu says..."Re: jipさん"
おっ、WiLL VS制作ですか?(暗黒微笑)
こういうノーマル風でも魅せる作品は貴重ですね。
2014.06.17 22:56 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/295-039670bf