【レゴ作品】ワイド&ロー。5幅スーパーカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【レゴ作品】ワイド&ロー。5幅スーパーカー

P8160146_1.jpg
作者:Lime

 フィグ乗り4幅車での低さの追及はとどまることがありません。ミニフィグを中に納めようとすると、どうしても背が高くなりがちですが、それでも4幅車ビルダーたちは道を見つけるものです。




 ただでさえ低く抑えられたルーフは、5ポッチ幅に広げられたボディのおかげでより強調されています。ランボルギーニ・カウンタック、またはフェラーリ・テスタロッサのような角の立ったスーパーカーを4幅車で表現するとすれば、5幅ボディになるのは必然的な流れなのでしょう。ミニフィグを寝かせて屋根の低さを稼ぐ方法も、このタイプの車ではむしろリアリティを上げる要素となります。薄さとスラント具合が重要なフロントノーズ部分の造形にはスロープを使うのではなく、パーツの斜め取り付けを利用しています。どうしても細かい隙間が残ってしまう組み方ではありますが、シャープな表情を作り出すためのあえての選択と言えますね。

P8160146_2.jpg

 スリットが並んだ後姿は、一層スーパーカーらしさを醸し出しています。完全に5幅に拡張されたリア周りは、普通の4幅乗用車とは段違いの迫力です。上を向いた4連マフラーもワイルドな見た目を増長しています。旧車屋根はあえて斜めの角度で固定されていて、サンルーフにより微妙な頭の干渉を防いでいます。

P8160146_4.jpg

 ひっくり返してみれば、やっぱり普通の作品とは景色が全然違います。ミニフィグの搭乗位置を下げるために、1x2x3のパネルが使われています。床にプレートを使うよりも半プレート以上下げることができ、しかも床抜きをしたくないという需要にも応えることができる方法です。

P8160146_3.jpg

 ミニフィグと並べても、このように頭よりも低い位置に車のルーフがあります。車の高さをミニフィグ以下にすることは理想ではありますが、なかなか難しいことなのです。長さが4ポッチあるドアもなかなかスーパーカーらしくて良いですね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/341-49caaf50