【磯子フェス】Culture Collision:文化と時代が交錯する1台 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【磯子フェス】Culture Collision:文化と時代が交錯する1台

8132mod_1.jpg
8132 for Minifig
作者:関山

 あらゆる文化がごちゃ混ぜに存在しえるレゴの世界であれば、どんな車だって一つの基礎板の上に置くことができます。夢が現実に覆いかぶさる4幅車の世界で、この車は異次元への鍵となるのでしょうか。




 まず最初に断りを入れるとすれば、この作品はレーサー・シリーズの#8132ナイト・ドライバーのフィグ乗り仕様として製作されたものだということです。

8132-1.jpg
2007 #8132 Night Driver

 この頃のタイニーターボでは、現実的なチューニング系マシンに混じって、極めて未来的なデザインのモデルが並んでいました。現在のレゴラインナップから見ると相当に怪しげな雰囲気のこのマシンは、この当時のレゴ独特のセンスを光らせた1台です。
 数あるタイニーターボの製品の中からこれを選んでフィグ乗りにしようとしたのは、レゴトレイン界の関山さんです。作品の製作は製品版が出た2007年で、今ほど4幅車ビルドが発達していなかった当時にしてこのビルドセンスは驚くべきことです。

8132mod_2.jpg

 製品版のシールは貼られていません。それでもこの車が持つ妖艶さは十分に発揮されています。それどころか、元々固定のキャノピーであった部分が、フィグ乗り用に作りこまれたことでさらにグロテスクさが増した形となっています。フロントガラスに風防を使わずに、スモークのスロープ類を組み合わせて表現するのは中々見られない手法です。窓としての透明度は全くなくなってしまいますが、より自由なデザインを可能にしてくれますね。中にはミニフィグが寝かせた状態で搭乗しています。ロングノーズでクラシックなスポーツカーのようなフォルムでもあります。

8132mod_3.jpg

 リア側は斜めに接続されたスモークのパーツが美しくフィットしています。またサイドウィンドウ部分の隙間が2プレートという狭さで、ルーフの低さが特に強調されます。未来的でもあり、クラシックなホットロッド的でもあるオリエンタルなカスタムカーです。

8132mod_4.jpg

 裏返すとそこには白く輝くカーベースが現れました。このパーツのお陰で、低いルーフでもミニフィグを車内に詰め込むだけのスペースを確保できているわけです。

8132mod_5.jpg

 写真は片岡さんの和風セットの中で撮影しました。まるで雑誌のグラビア撮影のような雰囲気を出すことができました。和のテイストなど感じられないような車ですが、その無国籍感が不思議と日本建築の背景と妙にマッチする不思議な空間となりました。

8132mod_6.jpg

 そして兄弟車として作られたもう1台です。ボンネットのボリュームを抑えて、よりシャープなフロントノーズとされています。まだ発展の余地がありそうなこちらについては、すでにカスタムのプランが作者の頭には浮かんでいるようで、今後の進化が期待されます。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

関山 says..."紹介多謝!"
紹介感謝です。
「妖艶」「オリエンタル」は狙ったとおりなので嬉しい評です。

制作に至った経緯。元の初期タイニーターボのモデルの紹介も含めてパーフェクトな記事ですね。
そういえば#8132の商品名がNightDriverだったことなんて忘れてましたよ(笑)。
#8132の未来的雰囲気はバイオニクル辺りとの共通性もありますかね? 以後のタイニーターボにこの後継デザインが無かったのはちょっと残念に思ったものです。
それにしても、7年前とは大昔。

>和のテイストなど感じられないような車
一応、光岡辺りが「漢字」か「大和言葉」の名前をつけてそうな車のイメージは製作中にありました(笑)。大蛇とか卑弥呼とか。あと鉄道車両では水戸岡デザイン。
それはともかく片岡さんの和建築とのマッチングは正直驚き、そして感動的ではありました。あの場所においてくれたセンスに感謝!

>クラシックなホットロッド的
此処は狙ったわけではないのですが、結果的にそういう魅力を付加できたのは良かったです。
市販されてたら(笑)、そういう方面からの需要もあったかもしれません。

さて、問題の「姉妹車」(車は女性!)の方も既に改修終えて満足行く状態になりました。こちらも近日公開予定です。
2014.11.07 03:13 | URL | #KWOxclv. [edit]
Tamotsu says..."Re: 関山さん"
作品のコンセプトからして脳天直撃な一台でした。
当時のバイオニクルとか、トゲのあるデザインセンスは独特なものでしたね。
タイニーターボが最もホットウィールに近づいた瞬間でしょうか。

光岡的なのもよく分かりますね。
ユニークでグロいあたりがそう見せているのかなと思います。
もう一台の方も楽しみにしております。
2014.11.08 15:53 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/370-04005fce