【Flickr】美しきボディライン。オクタンカラーのギャッサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【Flickr】美しきボディライン。オクタンカラーのギャッサー

13938440613_4ff0177ec8.jpg
Octan Gasser
User: Casti 616
Octan Gasser Flickr - Photo Sharing!

 海外では大型の車作品が多く製作されているイメージがありますが、探していけばフィグ乗りタイプの4幅車も見つけ出すことができます。このギャッサーのように、日本人にとって馴染みの薄いジャンルの車が作られていたりするので面白いです。




 ギャッサーはクラシックなドラッグレーサーの形の一つです。大きな後輪に貧弱な前輪、そしてフロントの方が持ち上がったスタイルが特徴です。その姿は獲物に喰らい付く猛獣のように迫力があります。この作品は特にそのフロントセクションのディテールアップに力が入れられています。

13938446793_c305e1aeb8.jpg

 白の曲面フェンダーと、緑のテクニックコネクタとの組み合わせが美しくも完璧に、クラシックなアメ車の表情を作り上げています。フレキシブルチューブを使ったグリルの表現も、エッジの立たない素晴らしいアイディアです。また大きな空間から覗く足回りの表現は実に精細で、4幅のギャッサーを作る際には是非とも参考にしたい出来です。フェンダーから出したマフラーや、フロントに置かれたガソリンタンクなど、お約束の要素がしっかり押さえられています。ガソリンタンクを支えているパーツ使いにも要注目なのです。また窓がティント(色付き)となっているのも、この手のマシンでは定番です。

13915292556_9e7a0f7c6c.jpg

 ボディ全体がやわらかい曲線で覆われているのが40年代テイストチックです。このようなラインを作り出すことができるのは、現代のレゴならではだと感じます。小さなウィリーバーを付けることで、後姿も立派なドラッグレーサー風です。

 私も一度ボロルックのギャッサーを作ってから、きちんとクリーンなものを作ろうと思っていたので、この作品の発見は衝撃的でした。

junkyarddog_1.jpg
【レゴ作品】ジャンクヤードから蘇る。ダメージルックのギャッサー

 古いドラッグレーサーを4幅で集められたら楽しい景色になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

Y-Forest says..."No title"
素晴らしい作品ですね、フロントのほうはライトまわりなど、パーツの特性を生かし切っているように見えます。全体のラインもきれいで、ディテールと両立しているのがとてもすごいと思いました。
2014.11.09 18:13 | URL | #Z2iUbf5Y [edit]
Tamotsu says..."Re: Y-Forestさん"
パーツの使い方がとっても上手いですよね。
私も海外作品で久々にホットなやつを見つけられて興奮しました。
2014.11.12 18:26 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/371-46d30baf