【レゴ作品】日本の暴走族スタイル。桜色の街道レーサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
4

【レゴ作品】日本の暴走族スタイル。桜色の街道レーサー

otokonohanamichi_1.jpg
漢の桜道(おとこのはなみち)

 暴走族という言葉に良いイメージのない方も多いことでしょう。その感覚はきっと普通で、そこに敬意や憧れを持つ者は少なからずアウトローなのです。この作品を作った私自身がどのタイプの人間であるかは……あえて説明するまでもありません。




 80年代に最盛期を迎えた暴走族スタイルは、今でこそ古くなり懐かしさや嘲笑の対象となっています。しかしそれが現存する様々なカーカルチャーにその影響を残していることは間違いありません。アメリカから発信され、今や世界を席巻する超ツライチなスタンスブームも、BOSOZOKUの鬼キャンがそのルーツなのです。

PB150036.jpg
【レゴ作品】出っ歯、竹槍、ハの字の街道レーサー

 以前に街道レーサーを作ったのは大分前のことになってしまいました。上の作品の製作は2010年か2011年頃だったと思いますが、これ以降私はアメリカを向いた車ばかりを作ってきました。しかし私の心の中では、街道レーサーをもっと作りたいという気持ちばかりがずっと高ぶっていたのです。新しい作品は漠然としたイメージだけではなく、実車と暴走族の歴史について深く理解したうえで作らなければなりませんでした。
 先の作品でも出っ歯、竹ヤリ、ハの字と、暴走族スタイルの三種の神器は揃えていましたが、それでも私の理想とするものとは程遠いものでした。街道レーサーとして、車としてタイヤの迫力が全く足りていないのです。以前の作品は確かに、見た人が暴走族を連想して頬を緩ませる程度の力を持っていたかもしれませんが、それが格好いい車かというと決してそうではありませんでした。私は自分が作る車が格好よくあり、みんなからリスペクトされるような作品であって欲しいと願うのです。

otokonohanamichi_2.jpg

 定番の改造方法にはいくつかありますが、ワークスと呼ばれるオーバーフェンダーは定番中の定番です。現行セットによく入っているシティフェンダーがこのワークスの表現にピッタリなのではないかというのが、この作品での最大の試みです。そして組み合わせるホイールは、こちらもシティによく使われている4スポークワイドです。珍しさのないパーツですが、私はこのホイールのデザインを高く評価しており、このサイズでこの深リムは近年追加された新しいホイールにはない魅力があります。これに薄いスリックタイヤを組み合わせると、最高に格好よく決まるのです。出来上がったタイヤとフェンダーの組み合わせはご覧の通り、迫力がかなり出ました。

otokonohanamichi_3.jpg

 派手なエアロも街道レーサーには必須のアイテムで、フロントの出っ歯と後ろのシルエットウィングでフェンダーの張り出しに負けない迫力を出しました。サイドエアロはウェッジによる表現を取り入れてみました。ヘッドライトは傾けて取り付けることで怒り顔にします。またオイルクーラーをフロントの見える場所に設置するのも定番で、ホースも目立つように配置するところまでがお決まりです。

otokonohanamichi_4.jpg

 テール周りは純正を完全にパテ埋めした後に、丸型のライトを取り付けているという設定です。カラーリングの拘りはピンク色を使うということです。レゴでは女の子向けシリーズに多数入っているピンクパーツですが、この色は暴走族の車にもよく似合います。黄色の竹ヤリまで含めて非常に満足のいくカラーリングになりました。実際にこのような派手な色にペイントされた車は多く、主な目的は女の子の目を惹くことでした。

otokonohanamichi_5.jpg

 出っ歯、鬼キャン、竹ヤリの取り付けにはクリップが大活躍です。クリップを使ったキャンバー角の付け方は、すでにいくつもの作品で使われてきましたね。太いホイールで角度を付けるためにタイヤは外側にだけ履かせています。竹ヤリは双眼鏡に棒を挿して、クリップで掴んでいます。ここの結合はかなり弱いです。

otokonohanamichi_6.jpg

 箱乗りという言葉も暴走族が広めた文化の一つですね。そして暴走族といえば喧嘩も重要な要素の一つです。70年代、バイクを改造するパーツもろくになかった黎明期には、女を寄せ付けない男たちの喧嘩の世界が広がっていたと言います。今で言う草食系などという言葉はまだなく、オタクという存在も闇の中であった当時の日本において、車はパワフルで格好いい男の道具だったのです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

SAKU/kingjoker says..."No title"
傾いたライトやホースの表現がとても「らしい」ですね。
シティホイールを使った深リムもいいですね。最近このホイールもカラバリ
出てるので面白いと思います。
カラーリングも派手でかっこいいです。
 
これは参考になります。
2014.11.26 17:50 | URL | #E2YzfJow [edit]
カンパにょ~ろ says..."驚きました!"
ご無沙汰しております。

画像を最初に見て何かの模型かと思いました。
cityフェンダーでこんなにうまくオーバーフェンダーらしく化けるとは思いもしませんでした。
また、高さ2ブロックの窓が旧車らしくて素敵です。

レゴ族車ミーティングなんてできればいいなぁ(笑)

2014.11.28 19:30 | URL | #Uh60rX9Y [edit]
Tamotsu says..."Re: SAKU/kingjokerさん"
是非とも参考にして街道レーサー作ってくだち~。
深リムホイールは、やっぱりどうしても押さえておきたいポイントなんですよねぇ。
前のはホイールが貧弱だったので。
2014.11.28 22:14 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Tamotsu says..."Re: カンパにょ~ろさん"
さすが族車系ビルダー、反応がありましたね。
もうシティフェンダーは暴走族そのものですよ。
いくつか作ったので、この後も街道レーサー続きますよ。
またオフ会でご一緒できるといいですね。
2014.11.28 22:17 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/380-87450a98