【LEGO画像掲示板】第3回レゴ4幅車プチビルコンまとめ【後半】 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
10

【LEGO画像掲示板】第3回レゴ4幅車プチビルコンまとめ【後半】

bbs141124100141px0ab.jpg
LEGO画像掲示板:4幅車プチビルコン

 カーベースをテーマにした第3回レゴ4幅車プチビルコン、まとめ後半です。前回と合わせて全116台を掲載しました。ぜひご覧ください。

関連:【拡散希望】第3回レゴ4幅車プチビルコン。テーマはカーベース!
関連:【LEGO画像掲示板】第3回レゴ4幅車プチビルコンまとめ【前半】




bbs141104224159ArxQn.jpg
ランチア・ストラトス
emoLego
 ラリー仕様のストラトスをイメージして腰高な車高にセットされています。スポンサーとして有名なアリタリアカラーはレゴのオクタンのカラーリングと見事にリンクするのでした。貼られているシールを見るに、現行セットのレーシングカーからのパーツが流用されているようです。ヘッドライトとフォグ回りの表現が良いですね。

bbs141104225823OBnz6.jpg
反則の…
シゲ
 カーベースの使い方までは指定していない今回のプチビルコンでは、こんな作品も当然出てくるわけです。カーベースを裏面を見せたトラックのコンテナは、化学液体を運ぶタンクローリー風です。コンテナを取り巻くパイプが良い味出していますね。独創的な発想は形にしてこそですね。

bbs141104232752sJkPI.jpg
荷台換装軽トラック
ロト
 パーツの換装が容易なレゴの特徴を活かして、3パターンの荷台を交換できるトラックです。野菜の運搬に、家畜の運搬そして3つ目は黄色い暖簾が下がる屋台になります。丸いアンテナベースが並んでいるのはたこ焼きでしょうか。斜めに取り付けられた屋台の屋根が素敵です。

bbs141104233235kEUrV.jpg
ブーブ風
ロト
 ブーブというのは、ミニカーが展開図のように分解して別の車に変身するというおもちゃのことです。この作品はまさにそんなギミックを組み込んだ力作で、四角い箱だったものが車に変身します。クリップ&バーを使った構造はツイッターで流行っていたFRG_CUBEという規格を使っているのです。
レゴでFRG_CUBE - Togetterまとめ

bbs141104234546dbM3X.jpg
ラバルカー
ロト
 レジェンドビースト・シリーズのキットを使った縛り作品です。タイヤと車軸、カーベース以外は単一セットからのパーツを使っているようです。こちらはライオンのキャラのラバルの車。車の形にしてもどことなくライオンの面影が感じられますね。

bbs141104234709yzDXn.jpg
クラッガーカー
ロト
 こちらはワニのクラッガーの車です。より原型の動物を意識したスタイリングで、低いシルエットが格好いいですね。牙やトゲトゲの装飾が付いた姿は、B級映画的な趣もあります。赤いホイールもバッチリ決まってます。

bbs141104234833Fwoof.jpg
ゴーザンカー
ロト
 ゴリラのゴーザンの車は、イメージに合わせた大径リムがクールにハマっていますね。ワイルドで力強いゴリラにピッタリなデザインです。限られたパーツの中でも、しっかのと車の形に仕上げているのは素晴らしいです。エアスクープやヘッドライトの再現されたボンネット回りの造形が良いですね。

bbs141104235029p7kcS.jpg
ウォリズカー
ロト
 凛々しい狼のウォリズの車です。フロント2軸としたホットロッド的なデザインは、素直に格好よいです。ホイール&タイヤの選択と、車の形のバランス取りができていれば限定パーツでも格好いい車を作ることができるのですね。ボール受けを並べたエンジンがナイス!

bbs141105064046DXZKu.jpg
エリスカー
ロト
 鷲のエリスの車です。翼のパーツを使った大胆な装飾が目を惹きます。ボディ部分も翼のラインに合わせてウェッジやスロープが重ねられています。以上でレゴチーマの各キャラクターの車が全て揃った一連の作品となります。車と関係ないテーマのシリーズが車に変身できる。そう、カーベースならね!

bbs141105174125BADHM.jpg
ロンドンタクシー “Black Cab”
emoLego
 クラシックなテイストのロンドンタクシーです。フロントグリルを付けることで表情もガラリと変わります。観音開きのドアは乗客が乗り降りする後ろ側が再現されており、実際にミニフィグ2体を中に乗せることができます。帽子を被った紳士のミニフィグが雰囲気を盛り上げてくれますね。

bbs141105202511FtIAr.jpg
一応カーベスを使った四幅車
G/WR-SPC
 異様に低い姿勢の怪しげなマシンです。タイヤよりも低いボンネット部分は、昨今のシャコタンにしすぎなホットロッドを彷彿とさせる形状です。リア側は4幅の大型キャノピーを当てて、中のエンジンが見えるようになっています。非常に低い車内にはミニフィグも乗っていますね。フィグ乗り4幅車の低さへの追及は止まることを知りません。

gunfox_1.jpg
戦闘バギー
Tamotsu
 6台目の私の作品は、前回のVWテーマの時には作れなかった、VWベースのバギーです。しかしカリフォルニア的な明るいイメージではなく、内戦が続く地域で活躍していることを前提にしたちょっと特殊なテーマで作ってみました。幸いにも最近のレゴはこういったテーマのアクセサリーも多く、セットも含めて満足のいくものが作れました。

bbs1411052320216i9uq.jpg
無題
Lime
 大胆にも大径のホイールをインストールしたスーパーカーです。ワイドボディへのディテールの盛り込み方は、他を圧倒する迫力です。ダークグレーもなんだかガンメタのように輝いて見えてきます。ヘッドライトやテールライトの新しい組み方などもとても参考になる作りですね。

bbs1411061636555RJ4X.jpg
観光バス
まちゃ
 小学五年生のお子さんの作品ということで4幅の観光バスです。小さい頃から4幅車。いやむしろ4幅の小さい車は大型作品よりも子供向けと言えるでしょう。ドア部分を黒にしたり、ブロックをずらして作ったカラーリングなど工夫した様子が見て取れます。プチスロを逆さまにしたヘッドライトの表現が驚きです。

bbs141106163949pUHgv.jpg
万葉線(路面電車)
まちゃ
 同じ作者から路面電車の登場です。100台以上集まった作品の中でも電車を作った作品はこれだけでした。赤と黒のカラーリングは万葉線で実際に走っているものを再現しています。車輪は普通のタイヤを使っていますが、タイルを貼って隠しています。

bbs141106212617lSR5I.jpg
無題
Lime
 再びの大型リムを入れたスーパーカーです。角や爪を多用したフロントはクリーチャーチックで、ボンネットにはミクセルの顔のプリントタイルが置かれています。挑発的な表情がナイスです。リア周りでは角を使った繊細な曲線出しが効いていますね。シルバーの8スポークが格好いいです。

bbs1411062246507Cvkm.jpg
無題
G/WR-SPC
 フロントグリルを使った非常に低いホットロッドです。新型の黒いホイールに黒いボディで渋いカラーリングでまとまっています。ホットロッドでもボンネットパネルを残したスタイルで、サイドのシルバーのマフラーがワイルドさを出しています。中にフィグは乗っていませんが、まさかこの低さでフィグ乗りということは……ないですよね?

bbs141108223808FM5KN.jpg
ブガッティ。ヴェイロン。
えもりん♪
 現代のスーパーカー、ブガッティ・ヴェイロンをカーベースで作ってしまった作品です。クラシックなフロントグリルや、丸二連のテールライトなど実車の特徴が4幅の中に落とし込まれています。前開きとなるスーサイドガルウィングが、本物以上のエキゾチックさを醸し出します。シートからエンジン部分への作り込みも素晴らしいです。

bbs141109201158HAkTc.jpg
ドラッグスター
Y-Forest
 カーベースを2枚合わせて巨大なエンジンにしてしまった作品です。車はトップフュエル風のドラッグスターで、小さい前輪に対してリアは大きなタイヤを履かせた迫力のスタイルとなっています。一つのドラッグスター作品として十分に成立していますが、今回の縛りがなければ作られなかったであろうタイプの作品でしょうね。

bbs141110075249RQBNi.jpg
4人乗りセダン
CZ4A
 ハンドルをタイヤに使うというかなりユニークな発想の作品です。ハンドルを上下反対に使うため、車体全てが転地逆転した組み方となっています。普通に見える風防も、実は逆傾斜の風防パーツを使っているのですね。さらにミニフィグが4人乗れるという実用性の高い乗用車となっています。

bbs141110174207Uer6K.jpg
New Mole
s-3
 当ブログでも以前紹介したことのある作品の進化版です。車高が極限まで下げられ、タイヤのはみ出しがなくなってスッキリしました。1x4パネルが可動式のドアが特徴です。またルーフからふくよかなラインを描くピラーもデザイン上での特徴ですね。カラーバリエーションやカブリオなどのボディバリエーションが魅力的です。

bbs141110175310dbgb6.jpg
P-Mole ver.2
s-3
 先ほどの作品のパトカーバージョンです。アメリカンな白黒のカラーリングで、ボディラインに組み込まれたパトライトやプッシュバンパーがパトカーならではのディテールです。ルーフの後端にスポイラーが追加されていたりと、性能面でのチューンナップも期待できそうです。車内にはトランシーバーなどの道具も積み込まれています。

bbs141110223328fHhTM.jpg
Chevrolet C-Series
jip
 映画「ワイルドスピードMAX」に登場したシボレーのトラックです。カスタムされた荷台部分の作りこみが素晴らしいです。路上で強奪したタンクローリーを引っ張るための大きなリアタイヤが格好いいですね。牽引部分のアクションももちろん再現されています。半ポッチずらした風防の位置に注目です。

bbs141114212623T1lF2.jpg
ダブルキャブタイプのピックアップトラック
kimron
 カーベースを利用した前後に2人乗れるダブルキャブのピックアップです。腰高な車高や、白というカラーがとてもアメリカンな雰囲気ですね。引っ張っているのはシャコタンのショーカーでしょうか。古いパーツのトレーラーが、現代風なトラックととてもよくマッチした作品です。

bbs1411162346139WJZk.jpg
ヤンチャなクーペ
kimron
 グレーの新型ホイールをツライチにした今風のカスタムカーです。リアスポイラー装着ですが、白一色のボディにシンプルなボディメイクが今の流れに則ったカスタムとなっています。オーナーはバスケのユニフォームを着た彼で、ダンスの趣味も持っているようですね。

bbs141117200821r9Js3.jpg
無題
Lime
 全身に目玉のプリントパーツを散りばめたインパクト重視の作品です。アメリカのビックリ自動車のパレードにでもいそうな雰囲気ですね。まさに異常なその見た目は、最初のインパクトという目的以外のほとんど全てを放棄しています。クレイジーな発想を的確に形にしているのは素晴らしいです。

bbs1411182340544Ll2x.jpg
トヨタFJクルーザー
emoLego
 ボリューム感のあるデフォルメで再現されたクールなFJクルーザーです。丸みのあるフロントフェイスや、全体のカラーリングによってらしさはかなり演出されています。こちらもカーベースという素材はこの車にピッタリのようですね。現代のSUVとして4幅車の持つポテンシャルの高さが発揮されていると思います。

bbs14111923305502zkt.jpg
無題
Lime
 やはりカーベースを使うにあたってオフロード車は格好のテーマになりうるようです。このサイズで骨組み感を出すのは意外と難しい課題なのですが、この作品ではごく自然にパイプフレームのボディが再現されています。またフロントにヒーローファクトリーのアーマーパーツを使っているのはナイスアイディアです。

bbs141119234013JX2DI.jpg
YELLOW CAB
emoLego
 ニューヨークを走るイエローキャブです。今の形ではなく、少し古い型をイメージしてボディは全体的に角を落としたデザインになっています。また、カーベースを利用してミニフィグも2人乗るということでしょう。少しガラの悪い運転手と、ビジネスマンのフィグがニューヨークらしい組み合わせです。

bbs141119234910Z0hXm.jpg
無題
最澄
 カーベースを使う上で最も処理に困るポイントである斜めカットの部分を、プチスロープで埋めてしまった作品です。というわけで小径のタイヤを使ってもフェンダー部分の隙間を気にすることのない格好いいスポーツカーに仕上がりました。今回の作品群の中でも特に革新的な1台でしょう。

bbs141121195657PYEWR.jpg
装甲車
カンパにょ~ろ
 装甲車ということで撮影のロケーションも含めてミリタリー色の強い作品です。フェンダーとのクリアランスを異様に広く取った腰高な車高セッティングが、実用的なオフロードカーであることを匂わせます。フロントガラスの前に設置されたバーや後ろのアンテナが特殊な車両の証になっていますね。

bbs141122013425qxn7c.jpg
無題
Lime
 変態的なテクニックによって涙目インプレッサに挑戦した作品です。青いボディと金色のホイールというコーディネートで、インプレッサらしさはかなり出ていますね。フォグの位置のロゴをピンクの花びらに置き換えるという足掻きっぷりですが、ピンクが入ると全体の雰囲気もよりインプレッサに近づいてくるという逸品です。

doubleddickey_1.jpg
二階建てホットロッド
Tamotsu
 私の7台目にして最後の作品は、二階建てバスならぬ二階建てホットロッドです。最近の4幅車シーンではとにかく屋根を低くすることに力が入っていたので、反対に高くしてやろうと思って作りました。ロンドンバスをイメージして、セットもイギリスをモチーフにしています。

bbs141122174156jzxrp.jpg
BOB’S KABOBS VAN
kingjoker
 レゴシティの文法に則ったケバブの移動販売車です。ハイルーフのお陰で車内で立った状態の作業ができるようです。ケバブの材料や設備も中に再現されています。そして屋根にはオーナー自身をモチーフにした看板が付きます。きっと名物ケバブ屋さんとして有名になっていることでしょう。

bbs141122174915yHuGs.jpg
無題
最澄
 極限まで低くすることを目指して作られた作品です。そして得られたスタイリッシュなボディラインと、青白のカラーリングはとても未来的で、SFチックな警官フィグとも相性がピッタリです。カーベースの斜めカット部分はあえて空間が開けられていて、エアベントとして機能させているのが素晴らしいです。

bbs141122182142KV48N.jpg
BEPカー

 VIPカーのなり損ないということでBEPカーです。車体には目に見える位置に電飾がされ、イリーガル感漂います。普通のセダン形状ですが、アグレッシブなデザインのエアロが装着されています。リアのマフラーの飛び出し具合もちょっとヤンチャな感じが出ていますね。

bbs141123120136Oonph.jpg
トラクター
s-3
 かなりハイエンドなトラクター作品です。作品の精細さ、完成度、シンプルさがどれもハイレベルで絶妙なブレンド具合です。ヒーローファクトリーのパーツをボンネットにする使い方も、こちらではまた違った方向で効果的なディテールとなっています。セットと撮影まで含めて完璧な作品でしょう。

bbs141123182317vqKPH.jpg
バス
Mugen
 作品の方向性としては今までにない大型の観光バスです。6幅車が主流となる現在のレゴの中において、4幅でのバス作品は稀なチャレンジと言えるでしょう。中でもこの作品は4幅という狭さを感じさせない素晴らしい作りこみを披露しています。荷物入れという役割でカーベースをしっかり活用しているのも高ポイントですね。

bbs141124100141px0ab.jpg
Ferrari 365GTS/4“Daytona”
emoLego
 アメリカンな雰囲気のイタリアの跳ね馬、デイトナです。ロングノーズの絶妙なカーブには新しいカーブスロープが使われています。特徴的なノーズ部分の表現もシンプルながらに、しっかり元の車が見えてくるデザインです。ストライプ入りのレーシーな仕様と、赤い幌がお洒落な黒の2台でエントリーです。

bbs141124155609lkQIr.jpg
クラシックオープンカー+バイクキャリア(+3輪バイク)
CZ4A
 バイクキャリアー付きのオープンカーです。屋根は開閉可能な機構が付いています。ミニフィグが寝ているのは屋根を閉じた状態でも干渉させないためでしょう。トレーラーに乗っているバイクはテクニックパーツで組まれたミニフィグサイズのものです。小さくてもよくできたデザインのバイクですね。

bbs1411241600067FDzl.jpg
黒スポーツカー
CZ4A
 独特の接続で風防を取り付けた作品です。フロント部分の接続はロボットアームから始まり、フロントガラスとハンドルまでつながっているようです。ほとんど仰向けになるくらいにドライバーが寝ていますが、フィグ乗りとなっています。

bbs141124160940gIyjM.jpg
カーベースバニング
CZ4A
 これでもかと盛られた日本風のバニングです。SFの宇宙船かドラゴンのように伸びた羽は4幅車でもインパクト絶大ですね。斜めに取り付けられた後ろのナンバープレートなど細かいところにも気配られています。縦に横にと複雑な組み方ですが、元にカーベースを使っている分強度面はある程度確保されているのでしょうか。中にはミニフィグ2体とトロフィーが乗っています。

bbs141124165813PJIlp.jpg
GT-R
JAN
 日本製スポーツカーのキングとも言えるR-35 GT-Rの4幅化です。未だにこの車にチャレンジした作品はほとんど出ていないと思いますが、特に難しいと思われるフロントフェイスも独自の解釈によって上手く再現されています。フェンダーの隙間はエアベントとしてわざと開けられているのですね。

bbs141124223926OWY56.jpg
ミッキーロードスター
ロト
 ミッキーマウスをモチーフにして作られたロードスターです。フロント部分がミッキーの顔に見えてくるようなかわいいデザインです。耳に見立てたフロントピラーが良いですね。赤いホイールまで含めてキュートさが詰め込まれた作品です。こういった発想で作る4幅車も一つのジャンルとして育ってほしいです。

bbs1411242245093zlMs.jpg
ドナルドワゴン
ロト
 ロードスターとは打って変わって、ドナルドはワンボックスワゴンとなりました。キャラクターモチーフならではの色使いが鮮やかで好きです。中はしっかり人が運転することを考慮した作りになっているのも素晴らしいです。サイド部分は透明なパネルを思い切り使って大きな窓となっています。

bbs141125173141Ue7Tu.jpg
消防車
Y-Forest
 ホイールやパーツなどが最近のレゴシティ風ですが、オープンボディの消防車はとてもクラシックな風情を感じさせてくれます。各種装備なども含めて現行のシティで揃えられそうなパーツで構成されており、レゴの街角に置いたら調度良い具合に絵になってくれそうです。

bbs141126171201qbcD2.jpg
SFカー(?)
s-3
 変則的なカーベースの使い方はいくつか出てきましたが、こちらは屋根に使ってきました。パーツの裏面を見せて、全体はSFに出てきそうな装甲車のようです。なんとこれでもフィグ乗りということが驚きです。よく見るとタイヤに何やら見慣れないパーツが使われていますが……。

bbs1411261714011rqU6.jpg
Recol
s-3
 近未来ホットロッド風のクーペです。風防パーツを縦にした使い方と、そのフィット具合がとてもグッドです。リアバンパー部分のミニフィグハンドなど細かいパーツ使いはさすがです。横に立たせたミニフィグとの比較からも分かるようにルーフの高さはとても低く抑えられています。

bbs141127021502BzgTN.jpg
Ferrari 250P
emoLego
 一連のフェラーリ作品を作ってきた作者がさらにマニアックな車種を投げ込んできました。シティフェンダーとカーブスロープとの組み合わさったラインが美しいです。グレーの垂れポッチを使ったヘッドライトの表現は、色々なクラシックカーを再現するときに使えそうなテクですね。窓が平らにならないようにV字に傾けられていることに注目です。

bbs141129165116OBq9E.jpg
無題
G/WR-SPC
 カーベースの斜めにカットされた部分がF1に見えたということで、白いカーベースを使ったF1作品です。全身白いボディは実戦投入前のテスト車のように見えます。タイヤとホイールは新型が投入されています。とてもF1によく似合うタイヤです。ゼブラパターンが埋め込まれたサーキット風のセットが良いですね。

bbs141129203914yaXEx.jpg
ワンボックス

 特に開閉機構に重点が置かれた作品です。片開きするテールドアからは、ミニフィグ用のスケボーも入る広いスペースにアクセスできます。またサイドドアは観音開きにされており、フロントは通常の車ドアですが、リアはロボットアームを使った独自のシステムが使われています。

bbs141129204101RhqxS.jpg
ピックアップレッカー

 現行でもオレンジ色のトラックのセットは出ていますが、フェンダーの色までオレンジに統一したこのカラーリングはそれよりもはるかにクールです。牽引する装置も見た目と機能を兼ね備えたものです。タイヤが張り出し、ハイリフトなスタイルでどんな僻地へも出動してくれそうです。

bbs141129210649b83wv.jpg
無題
Lime
 カーベースの山を乗り越える本格的なオフローダーです。ゴツいバンパーや横から出したマフラーなどワイルドなルックスで格好いいです。屋根上のライトやサーチライトなど苛酷な環境のための装備も充実しています。実はこの作品は第1回プチビルコンで登場した作品なのです。

bbs1411292338076ti4F.jpg
Googleのストリートビュー撮影車
くろでぃー
 グーグルのカメラカーという着眼点が素晴らしいです。ドアが緑色となるカラーリングだけでも、分かる人には分かるネタですね。しかしやはり重要なのは屋根上にそびえ立つ360度カメラでしょう。カメラ部分の表現方法も最小限の手数で適切な組み方となっています。

bbs141130173204yWToB.jpg
ラディタクシー
らでぃぢどうしゃ
 レゴシティのキャンピングトレーラーに付属していた黄色い車をベースにNYタクシーにした作品です。それもただのタクシーではなく、リアスポイラー付きのアグレッシブなカスタムが施された仕様となっています。新デザインの黒い6スポークがここでも活躍していますね。

bbs1411301922112qJol.jpg
無題
kingjoker
 こちらもカーベースの山を駆け下りるオフロードピックアップです。赤いボディのトラックに、超大型のタイヤがワイルドですね。自由度の高い足回りのギミックは、ミクセルの小型ボールジョイントを使ったものです。

bbs141130210711CukHa.jpg
Ford Mustang 1964
emoLego
 初期のマスタングをモデルにした作品です。ボンネット部分のカーブスロープの盛り付けは思い切りの良い表現ですね。顔つきと合わせてしっかりとマスタングに見えます。リア側もカーブスロープを使ったファストバックとなっていて、黒のカラーリングも相まって格好いいマッスルカーに仕上がっています。

bbs141130214818OEyae.jpg
大昔の観光バス。デラックス仕様。
関山
 こちらのバスは昔のボンネットバスをモチーフにしたものです。白と赤のカラーリングもクラシックな雰囲気が漂っていて良いですね。古いタイプの窓枠を使っているのも、このテーマにはピッタリ合っています。中にはドライバーに加えて乗客3人を乗せることができます。カーベースを使う意味があるのかという疑問は禁句です。




 以上で後半58台を紹介し、全エントリーの掲載が終わりました。116台という非常に多数のエントリーをいただいてありがとうございました。参加していない方も気に入る車を見つけることができたでしょうか。もし見つからなかった場合には、是非とも次回自分の作品で参加されることをお待ちしています。今後も4幅車シーンが盛り上がってくれるように、プチビルコンの企画は続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

10 Comments

jip says..."まとめお疲れ様でした"
今回のプチビルコンも、とても楽しませていただきました。

カーベースやCITYフェンダーのような一体成型部品を自分のビルドで使うこと
はなかったので、今回のお題は自分にはとても難しいものでした。
しかし、いざ作ってみると、いつも自分がやっている床抜きをせずとも、
低いライドポジションを作ることができるといった、カーベースならではの良さ
を知るいい機会になりました。

参加された皆様の作品を見ていると、本当に自分と同じカーベースを使っている
のかと疑いたくなるほど、魅力的な作品ばかりで感動しました。

レゴの奥深さを改めて知った気がします。
2014.12.07 21:26 | URL | #gToLfGw6 [edit]
関山 says..."お疲れ様でした"
お疲れ様でした!
カーベース苦手なんていってられないなぁ……という感じです。

お気に入り作品も結構あったりします。
同様に多くの方が「新しい手法」「新しい題材」に気がついたんじゃないかと思うのです。

それにしても。
4幅車は完全に日本発の「レゴカルチャー」の一つになりつつありますね。
2014.12.07 22:25 | URL | #KWOxclv. [edit]
s-3 says..."おつかれさまでした!"
今回のビルコン、100台を超えているにも関わらず一つ一つ丁寧に紹介してくれる姿勢には頭が上がりません。

カーベースはCITY車基準で組むのもいいですが、限りなく低い車も作れることは
以前から知っていたので今回投稿した作品にもそれを活かしてみました。
フェンダーとの組み合わせの王道で組まれた作品が多いですが、
それぞれに作者の個性が現れてて見てて楽しいですね^^

改めてカーベースは侮れない存在だと思いました。
2014.12.08 17:10 | URL | #K47MgfVQ [edit]
最澄 says..."ありがとうございました。"
ビルコン参加できて、とても楽しかったです。また、一台一台へのコメントありがとうございました。今回参加して、作った方によってカーベースを使って組むものがこんなにも変わるのかと驚きました。

また、話が変わりますが、1月のレゴオフは参加予定なのでお会いできるのを楽しみにしています。よろしくお願いします。
2014.12.08 21:27 | URL | #- [edit]
Tamotsu says..."Re: jipさん"
今回は参加ありがとうございました。
床部分が薄く低い位置になっているのはカーベースの利点ですね。
今回はその構造を活かした作品もたくさんありましたね。

同じ縛りで作ってもみんな違うものを作ってくるというのが、面白いですね~。
4幅車の奥深さがよく分かりました。
2014.12.08 22:54 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Tamotsu says..."Re: 関山さん"
最後の最後に参加ありがとうございました。
カーベースは意外と使えるということが証明できてよかったです。

これからも4幅車界のJDMスタイルをどんどん広げていきたいです。
2014.12.08 23:00 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Tamotsu says..."Re: s-3さん"
今回はさすがに台数が多くてコメント書くのに4日くらいかかりました(笑)。
でもまだまだこれくらいの台数ならへっちゃらですね。
s-3さんの作品は今回も個性的で、特に三輪車あたりは気に入りました。
あと意外と以前からカーベースを活かした作品を作っている辺りがさすが先見の明があるというか。

カーベースでも十分格好いい車が作れるということで、4幅車への敷居も低くなるかと思います。
2014.12.08 23:06 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Tamotsu says..."Re: 最澄さん"
参加ありがとうございました。
どちらもとても格好いい車でしたね。
人による組み方の違いもいろいろあって楽しめました。

オフ会ではよろしくお願いします。
4幅車勢多目ですからたくさん集まりそうですね。
2014.12.08 23:07 | URL | #dNm2mw72 [edit]
G/WR-SPC says..."お疲れ様です"
プチビルコンお疲れ様です
ホットロッドの作品のものはフィグは乗車できるんですw(乗せ方にこつがいりますが)
後カーベースはそこ抜きできないから思い描いたものを作るのにかなり苦戦しました
ですが皆さんのカーベース作品を見てカーベースでもここまでできるのか と驚かされました

これからもビルコン参加していきたいです
2014.12.09 22:24 | URL | #lLc.QHhs [edit]
Tamotsu says..."Re: G/WR-SPCさん"
今回は参加ありがとうございました。
あのひっくいホットロッドも人が乗るんですね!
カーベース縛りだと、制約があって作りづらい場面も多々ありますよね。

これからもプチビルコンをよろしくお願いします。
2014.12.11 23:30 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/385-99448b2a