【レゴ作品】硬派なスタイルで街道レーサー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【レゴ作品】硬派なスタイルで街道レーサー

kattobikacchan_1.jpg
カッ飛びカッちゃん仕様

 先日にピンク色の街道レーサーを発表しましたが、今回はそんな街道レーサー・プロジェクトの第二段です。今回はより控えめに硬派な形で挑戦しました。

関連:【レゴ作品】日本の暴走族スタイル。桜色の街道レーサー




 暴走族文化が盛り上がるにつれて、出っ歯やウィングなどは巨大に進化していきました。それらは結果的に自動車の性能面から見れば全く道理に適っていないものにまでなり、族文化を嘲笑する人たちから格好の揶揄の対象となりました。しかし本来街道レーサーとは富士スピードウェイで走っていた本物のレーシングカーを模倣するところから始まっており、ウィングの類やオーバーフェンダーなどはレースの世界からのフィードバックで追加されたものなのです。

kattobikacchan_3.jpg

 派手にするだけが街道レーサーではないということで、より硬派なスタイルで作ることにしました。スポイラーは前後共により小ぶりなものにしてあります。ワークスと深リム鬼キャンの組み合わせでワイルドな迫力はかなり出ています。ホイールはグレーにするとよりリアルで渋くなります。フロントはヘッドライトをブラックアウトし、グリルは外したスタイルにしました。オイルクーラーを設置するのはスペースの都合的に断念しましたが、代わりにホースの配置にリアリティを出せたと思います。

kattobikacchan_2.jpg

 リアウィングはいわゆる「セブンハネ」をイメージしましたが、真っ平らな2x4タイルでは少し現物とは異なっていますね。テール周りはフラットかつシンプルに。純正のガーニッシュを残したままの形という設定です。4幅車の常でセダンというより、ハードトップ的なBピラーなしのスタイルです。後ろ側は風防を使わずに、スロープでピラーを表現しました。ドライバーの横に見えているダークグレーの棒は、暴走族には必須アイテムの鉄パイプです。主な用途は物の破壊と、敵への攻撃です。

kattobikacchan_4.jpg

 またカラーリングについては、その雰囲気を高めるために慎重に選定しました。白とマジェンタのツーカラーにしたことで、懐かしさを含んだ街道レーサーらしい姿になってくれました。シティフェンダーなど、マジェンタのパーツは主にフレンズ・シリーズから取っています。ボンネットから生えた竹ヤリは少しやり過ぎ感があるかと思いつつも、結局付けてしまいました。

kattobikacchan_5.jpg

 鬼キャンの取り付け方などはいつも通りのクリップです。1x2プレートの中央に水平クリップが付いたパーツだとやりやすいのですが、在庫が尽きてしまったため1x1タイプを半ポッチずらしています。その結果チンスポイラーの取り付けが半ポッチ分引っ込んだので、取り付け部分がうまく隠れてくれました。

kattobikacchan_6.jpg

 前回作ったものとツーショットです。やはり族というからには複数台の同じテイストの車を並べたいものです。この後にも街道レーサーが続く予定なのでお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/394-64d94635