【ブログ】レゴシティのイマドキを感じるオープンスポーツ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【ブログ】レゴシティのイマドキを感じるオープンスポーツ

img_31.jpg
作者:Ki-TAK
レゴ・青いスパイダー ( おもちゃ ) - 趣味の部屋 - Yahoo!ブログ

 私個人が望もうと望むまいと、時は流れて時代は進んでいきます。レゴシティの通りを走る車も「ほんの」10年前とは様変わりしているようです。




 4幅車に進化を余儀なくさせたシティフェンダーの登場から10年が経過しています。年季の入った4幅車ビルダーならば時の進みの早さに驚くことでしょう。しかし一方で昔を知らない新しいビルダーたちも次々とこのジャンルに参入しています。今は80年代や90年代とは違う、4幅車新時代です。この青いスパイダーもそんな現代の息吹きを強く感じさせてくれる一台です。

img_39.jpg

 開口部の大きいフロントフェイスや傾斜したウィンドウなどがスポーツカーらしいオープンカーです。シティフェンダーには新しい6スポークホイールが収まっています。ホイールも含めて青基調の上に黒のポイントでまとめられています。ボンネット部分はどうしても分厚くはなりますが、かえってそれが現代的なデザインにもなっています。カーブなどの投入されているパーツもレゴの最新技術が取り入れられています。

img_33.jpg

 この車は前後ともフェイスパーツを使わずにフェンダーの隙間を埋めています。後ろ側はパーツの裏面が見える構造になっていますね。ライトとマフラーで埋めることによって、プレートの裏の見た目の汚さを解消しています。

img_37.jpg

 リアデッキはフラットに構成されています。黒いスリット部分の下にエンジンが入る、リアミッドシップという設定となっているようです。内装はグレーとなり、シートのヘッドレストまで再現されているのが4幅車としては珍しい部分です。またフロントのトランクは逆開きします。80年代の4幅車を思い出させる仕様です。

 4幅車ビルドの世界は確実に現在を歩み、未来へ進んでいると感じます。こうしてシーンが時代に合わせて変わっていくことはとても健全なことだと思います。どんなものも今のまま変わらないことはありません。だからこそ新しい車も古い車も同じように魅力的なのです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/436-5f958265