【ブログ】On Roads:テラス市販バージョン。 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
6

【ブログ】On Roads:テラス市販バージョン。

18t16.jpg
テラス
作者:関山
【自動車作品】S-3様の「telas(光)」をクーペ+セダンにアレンジ。量産化。 _ Legoゲージ推進機構日報~レゴトレイン・ブログ

 一人の行動がまた別の誰かが行動を起こす活力となるならば、これほど素晴らしいことはありません。4幅車ビルドの世界では、今まさにそんな正の連鎖が巻き起こっています。




 白いクーペと黒いセダンは、車の格の違いを表すそのサイズ差が魅力的です。とてもユニークなデザインのこの2台は、以前当ブログで紹介したs-3さんの作品を元にした関山さんの作品です。

15855691829_78b84f9be7.jpg
【Flickr】Brilliant Edge:光り輝くオープンスポーツカー

 独創的なパーツ使いの元に誕生したテラスは、その現実離れしたデザインからコンセプトカーのようなイメージの車です。今回の関山さんのバージョンは、このコンセプトを市販化したらどうなるかというテーマで作られたものです。

20tc10.jpg

 ドアや窓ガラスが付くことで、より車らしくなりました。特徴的な牙パーツの使い方はそのままに、乗用車として上手くリデザインされています。強いキャラクターを残しつつも、より現実的で背景をイメージしやすいものになりました。元々の未来的なイメージが薄れて、クラシックな趣へと変化しました。60年代辺りの車の、コンセプトからプロダクションへの変化を見ているようです。ルーフが色違いとなるコンパクトなクーペボディ、シルバーのホイールキャップなどがこの車に時代性を与えているようです。ルーフにメッキモールをイメージした(と思われる)グレーのパーツを挟んでいることも重要なポイントでしょう。ドアを付けることで牙パーツの接続は難易度が増しています。後ろ側の牙はドアとルーフに挟まれている形で、厳密な固定はされていません。

30ts09.jpg

 ロングホイールベースのセダン版は、コミカルさが薄れて優雅さが漂います。先端が細くなる牙のデザインのおかげで、長いボディも間延びせずに引き締まって見えます。レゴパーツ的な観点で見ると、4x6のルーフはまだ黒がリリースされていない状況であり、ここでは灰色が選択されています。しかしあえて言うならここでの色の選択は決して消極的なものではなく、狙ったものなのでしょう。風防はリア側に背の低いものを使っており、リアに向かってスラントしていくラインを見せています。濃い欧州的香りに包まれており、作者の違いがこんなにも車の雰囲気を変えるものなのだろうかと、ひたすらに驚きを感じています。

30ts16.jpg

 4ドアオープンの、2人乗り仕様となっています。4幅車としてはとても豪華なセダンです。クーペと違って、セダンは後ろの牙もクリップでしっかり固定されています。ホイールは金属車軸のクラシックなものを使っているようです。キャップの下に見える白いホイールをホワイトリボンに見立てるところまでが作者の計算です。
 アクの強いパーツ使いをよりリアリティのある形でまとめたこの車は、一見普通の車になったようでいて、実はとてつもない進化を遂げているのです。先人のアイディアなくしては実現しなかった車ですが、反対に先に発表したs-3さんには成しえなかった形でもあります。一つのアイディアがまた次のアイディアへとつながる、レゴ遊びはこうも無限に有限で大人でさえも虜にしてしまいます。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

6 Comments

s-3 says..."No title"
私が作ったオリジナルのテラスはただ牙パーツを使いたくて結果的に未来的なコンセプトカーに仕上がったのですが、
それを量産モデルに落とし込むとはまさか想像もつきませんでした。
しかも特殊パーツ使っているのに市販車としてみても違和感が微塵も感じないのが凄いところだと思います。
というよりあの牙パーツがもはや車のパーツの一部にも見えてきましたw

これは発案者として逆に真似をしたくなりました。(ぇ
2015.04.22 18:41 | URL | #fTVe6KN. [edit]
関山 says..."紹介感謝です。"
紹介感謝です(お待ちしておりました(笑))。
もう言葉の羅列が凄いので、引用レス形状にします。


>正の連鎖。
 →別作品の話ですが、最近拙作からも起こった例があり嬉しいです。

>クラシックな趣へと変化
 →ここは自分の好みですね。何処か古くなる(笑)。

>60年代辺りの車の、コンセプトからプロダクションへの変化を見ているよう
 →昔読んだ自動車デザインの本が脳内再生されながら。「自動車デザインの語るもの」だったと思います。

>ルーフにメッキモール
 →ここに灰色系入れるのは好きです。締まる。

>長いボディも間延びせず
 →間延び感不安だったのですが、そう見えないようで良かった。

>灰色が選択されています。
 →はい、狙い通りです。カラールーフは見た目の車高が下げられるので。
 モールも車体高を見た目下げる効果あり、好きな要素ですね。

>濃い欧州的香り
 →これを出せたのは気持ち良いものです。

>キャップの下に見える白いホイールをホワイトリボン
 →ご評価感謝です。この表現は気に入っています。80年代の古い部品と現代のΦ1丸タイルの異文化組み合わせでもあります。輪心赤いのにして、赤をちらりと見せるのもあり。派生作の「DECO」で使いました。

>一つのアイディアがまた次のアイディアへとつながる、レゴ遊びはこうも無限に有限
 →本質を表しておりますね。作品を発表することの意味、意義を表しているような。

 やっぱり4幅車ビルドって楽しいですね。
 個性が次の個性につながっていく無限連鎖……。
2015.04.22 20:26 | URL | #KWOxclv. [edit]
関山 says..."S-3様へ"
S-3様。改めて感謝です。
あの牙、カラバリ増えてくれると嬉しいですね。

>発案者として逆に真似を
S-3様バージョンでの量産型も期待しております。
2015.04.22 21:23 | URL | #KWOxclv. [edit]
Tamotsu says..."Re: s-3さん"
s-3さんの車を見たときはとても非現実的な車だと思いましたが、案外と乗用車としてまとまるものなんですね。
こういう流れを見ると、4幅車の面白さを強く感じます。
他にも可能性のあるパーツがまだまだ隠されているんじゃないかと思いますね。

真似し合いで高め合っていきましょう!
2015.04.24 23:21 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Tamotsu says..."Re: 関山さん"
あえて本文には書かなかったんですけど、このセダンの方ってすごくシトロエンDSっぽいですよね。
なんだか関山さんの個人的嗜好が炸裂してるなぁと思いました。(こなみかん)

やっぱり4幅車って面白いです。
2015.04.24 23:40 | URL | #dNm2mw72 [edit]
関山 says..."バレバレ(笑)"
あ、バレちゃいましたか。
DSがやはり理想です(あらゆる意味で)。まぁテラス・ミニを造った時に「DSに対するAmi」ちょか記しちゃいましたので隠してるわけではありませんけど(笑)。
2015.04.25 01:02 | URL | #KWOxclv. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/454-6240e522