【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 アワード発表 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
10

【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 アワード発表

Gunma2015_2892.jpg
Best Of Show
Honda CR-X
作者:Lime

 5月3日、群馬レゴオフにて最初のHot Minifig Ridesカーショーを開催いたしました。最初のレポートはカーショーアワードとレースウィナーの発表です。




 アワード審査ありのカーショーは今回が初めてのことです。15人のビルダーが合計約140台の4幅車をエントリーし、その中からベストオブショーの1台を決めることはとても難しい仕事でした。

Gunma2015_2890.jpg

 決め手はなんと言ってもエンジンを見せているということです。エンジンを綺麗に仕上げてアピールすることは、現実のカーショーならば当然の礼儀とも言えます。アワードを取るような車はまず間違いなくエンジンも完璧に仕上げられているはずです。4幅車の世界では当然エンジンベイの作り込みは至難の業となります。この車はそれに果敢にも挑戦し、最高の効果を得られた1台です。ボンネットを開放している車は他にありませんでしたから、カーショーエリアでのオーラも一味違いました。またCR-Xとしての再現度も非常に高く、4幅車として無理のないサイズに収まっていることなどから、今回のベストオブショーに最も相応しい1台として選ばせていただきました。アワードを獲得してもおかしくないレベルの車は他にもたくさんありました。私が思い描くMinifig Ridesブランドのカーショーとしてのイメージと、これからの4幅車シーンでみんなに真似してほしい車像を重ね合わせた結果のアワードです。このCR-Xについてはつい先日に記事にしておりますので、詳細はこちらを参照してください。
【Flickr】ホンダCR-Xでエンジンショーアップ!

Gunma2015_2893.jpg
Best Custom
作者:最澄
 ベスト・カスタムはカスタムカー、ホットロッド、レーシングカーなどの中から選ばれます。カスタム部門は特に選定が難しい部門でした。今回のエントリーの中でも一大勢力で、それぞれの車のアピールの仕方も実に様々で優劣を付けがたい車ばかりでした。このローライダーは見た目とアクション性を兼ね備えた最強のカスタムカーとして他よりも群を抜いていました。輪ゴムを使ったホッピングが可能であり、スタンディング状態で展示されている姿には絶大なインパクトがありました。ボディのプロポーションとカラーリングはギミックの犠牲にはなっておらず、ハイドロなしの普通のアメ車としても問題ない高いクオリティを持っています。今年の1月のMinifig Ridesにてお披露目されております。今回のエントリーはさらにボディメイクがブラッシュアップされています。
【オフ会】4幅ローライダー革命。Stand Up Act !

Gunma2015_2894.jpg
Best Classic
1949 Cadillac Series 62
作者:Mugen
 ベスト・クラシックはクラシックカー、ノーマル車、働く車など普通の車から選ばれるアワードです。いつもカスタム勢が幅を利かせるMinifig Ridesですが、今回はこのアワードを狙ったノーマル車勢が多数エントリーしました。中でもMugenさんの車はどれも高いクオリティでした。このキャディラックは車種選定からカラーリング、プロポーションまで何もかもが完璧で、早い段階からアワードはこの車しかないと決めていました。非常に堅実な作りで各所に横組みが使われていながら、隙間のないボディは美しいクラシックカーのラインを見事に表現しています。大柄なボディを活かした前後二人乗りという形態も、車の風格を高める効果があります。製作は1年前で、去年のJAMでも展示されました。
【Brickshelf】紺色のスーツ。1949キャデラック

Gunma2015_2895.jpg
Best Concept
Lepus
作者:s-3
 ベスト・コンセプトはコンセプトカーや未来的なデザインの車を対象にしたアワードです。既存の文化にとらわれないオリジナリティーを発揮した車に与えられます。レプス(うさぎ座)と名づけられたこの車はこのアワードにはピッタリな1台でした。とても長く、また低く伸びるボディラインはとても未来的で、高く跳ね上がるガルウィングがそれに拍車をかけています。このカテゴリーは全体から見るとエントリーは非常に少なかったこともありますが、他にどれほどのエントリーがあろうと果たしてこの1台に勝る車が出てきたかどうか疑わしいところです。独特なデザインを4幅車のスケール感にしっかり収めていることは驚異的なことです。このショーのためにキャノピーパーツを磨き上げてくる気合の入りようで、ショーカーとしても他を寄せ付けない努力が隠されています。

Gunma2015_2896.jpg
Race Winner
作者:たむちん
 こちらは即興ビルドドラッグレースの優勝車です。プルバックモーターを使い、ありあわせのパーツでレーシングカーを作ってもらいました。今回は低いシルエットでいかにも速そうなたむちんさんの車がトーナメント戦の結果ウィナーとなりました。ドラッグレースについては別途詳細な記事を上げる予定です。レースウィナーになったことで、たむちんさんはトロフィーの他に自分の作った車を手に入れました。




 初めてのカーショー審査は難しい判断をすることが多くありましたが、こうして結果を振り返ってみるととても満足のいくものになったと思います。Hot Minifig Ridesはあくまでカーショーであり、レゴのビルドコンテストとは異なる観点から審査を行っています。またギャラリーによる投票という形を取らずに、あくまで審査員(私)が決定するという実際のカーショーと同様の形式を取りました。このカーショーはビルテクの面白さや形の奇抜さを競うものではありません。車が格好いいかどうか、そのためにビルテクが使われているかどうか、そして全体のトータルバランスを審査基準としています。目新しさに目が眩まないように、新作かどうかも判断基準には入れないようにしました。また4幅車としてのサイズ感を重要視し、大きめの車は当然その分だけ造形が有利になることを常に考慮しました。
 第1回ということもあり、今回選んだ車はどれもオーソドックスな格好よさを追求しているものを選びました。アワードを与える車は、4幅車ビルダーみんなのお手本となり、目指すべき目標とならなければなりません。みんなが納得する車を選ばなければ、誰もこのイベントのアワードを目指さなくなり、エントリーしてくれる人はいなくなってしまうでしょう。レゴのカップにシールを貼っただけのトロフィーを受賞者にとっての誇りにしてもらえるように、また今後のHot Minifig Ridesが盛り上がっていくように私自身も精進する所存です。




追伸:
 本日5月4日はレゴ4幅車の日です。その理由は05(レゴ)の4幅車だからです。記念すべきHot Minifig Ridesの開催とタイミング重なりましたが、今後も群馬のオフ会はこのレゴ4幅車の日の付近で開催する予定です。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

10 Comments

最澄 says..."No title"
ベストカスタム受賞、本当に嬉しいです!!ありがとうございます!!
このローライダーは単にカーショーの賑やかしにと送ったので、まさか賞をいただけるとは思ってもいませんでした。
実はこのクルマ、今年の正月につくったものです。正月早々ローライダーつくる中学生って・・・。
これからもますます、頑張っていこうと思います。これからもよろしくお願いします。
2015.05.04 21:30 | URL | #- [edit]
Kei says..."No title"
御無沙汰しております。

群馬レゴオフ、ネットからでも熱気を感じるほどですね。
前回も今回も行きたかったのですが、この時期は毎年忙しいのと、距離が遠くてなかなか参加が難しい状況でした。

受賞車のどれもがクオリティーが高く驚きです。
特に最澄氏は中学生(?)との事で、さらに驚きですね!

こちらも何か作りたいと思っているのですが全く形にならず・・・・。
2015.05.04 22:40 | URL | #pjmS0te2 [edit]
s-3 says..."No title"
ベストコンセプトの受賞ありがとうございます!
この車は特に狙って作ったわけではなかったので賞を頂けたときは驚きました。
(気合を入れた車は他にあったので;^^)

来年も今よりさらに上に行けるように精進していこうと思います!
2015.05.05 13:43 | URL | #aF03qbSI [edit]
Tamotsu says..."Re: 最澄さん"
派手すぎない派手さがベストカスタムにピッタリだと思いました。
正月からローライダーいいですね!
カスタム方面の方々が活発になる時期ですしね。
でも街道レーサーじゃなくて良かったかな?

また来年もよろしくお願いします。
2015.05.05 17:42 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Tamotsu says..."Re: Keiさん"
熱気を感じていただけたようですね。
本当にどれも工夫の凝らされた車ばかりでした。

機会があれば是非とも参加していただきたいです。
カーショーだけなら作品送付でのエントリーも可能です。

新作でなくてもOKです。
ご検討ください。
2015.05.05 18:14 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Mugen says..."ありがとうございます!"
Best Classic賞頂き嬉しいです。
キャデラックは製作できて自分でも気に入っています。
カーショーは新作中心で挑む事を考えていましたが、
既存作も公平に評価頂けたのはしっかりした審査基準が有ったからこそだと思います。
(急遽台数追加して良かったです(笑)。)
Best Of ShowのLimeさんの車は実車の再現度、魅せ方共に
ベストにふさわしいですね。
最澄さん、s-3さんの車も個性的で有りつつ、格好良いです。

これからも良い車を作っていきたいと思います。
2015.05.05 18:20 | URL | #lda/mpjQ [edit]
Tamotsu says..."Re: s-3さん"
s-3さんの車は皆さんから注目されていましたよ。
関山さんが一度お会いしたいと言っていました。
あとはやっぱりニクルカーは会場でも一番すごい車でした。

Lepusは丁度良いサイズであったこともかなり結果に影響しました。
4幅で作るコンセプトカーのお手本になると思います。
2015.05.05 18:26 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Tamotsu says..."Re: Mugenさん"
Mugenさんの車はどれもとても綺麗な仕上がりで色もカラフルでしたし、ノーマル勢の中でも輝いていました。
今回は新作もとても多かったですが、ネットなどですでに知っている車も多数集まってくれたのは嬉しいことでした。
MugenさんのこのキャディラックもJAMに続いての再会でしたが、何度見てもその魅力は落ちることがないようでした。

今回の新作もいくつか紹介する予定です。
これからの活動も期待しています。
2015.05.05 18:51 | URL | #dNm2mw72 [edit]
Lime says..."No title"
この度はBest Of Showへの選出ありがとうございましたm(_ _)m
エンジン見せは初挑戦でしたが、好評だったようでなによりです。
この辺の表現もまだまだ工夫できそうなので、これからもいろいろ考えてやっていきたいです。

今回この台数のクルマを目の当たりにして、4幅車の可能性を改めて感じました。
小さくパーツ制約も多いようにみえて、かなり表現に幅があるのだと。
2015.05.07 05:54 | URL | #- [edit]
Tamotsu says..."Re: Limeさん"
4幅でこのエンジンの作り込みは他を寄せ付けないものがあったと思います。
今後も進化していって欲しいテーマですね。

表現の幅については仰るとおりで、4幅車でもこんなに高度なカーショーをできてしまうんです。
これは主催の私の想像すら超えている事態です。
アワード4つじゃ足りないくらい良い車がたくさん集まりました。

あとLimeさんは北海道からのお越しということでロングディスタンスもゲッツですね。
2015.05.09 22:43 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/460-ed81b4ec