【HMR】青うさぎを追って。4幅車デザイン新提案 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
4

【HMR】青うさぎを追って。4幅車デザイン新提案

lepus_1.jpg
Lepus
作者:s-3

 先日開催したHot Minifig Ridesにてベスト・コンセプトに選ばせていただいた1台をご紹介します。100台を超える車が集まったカーショーの中でなぜこの1台が輝くことができたのでしょうか。

関連:【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 アワード発表




 少女アリスが白うさぎを追いかけてほら穴に入ると、そこには見たこともない不思議の国が広がっていました。童話「不思議の国のアリス」の導入部分は我が国でも広く知られているほど有名です。色鮮やかなカーショーの世界へと誘うレゴのうさぎは白ではなく、青い色をしていました。
 この車をアワードに選んだ理由を一言で表すことは難しいです。とにかくトータルのバランスがとても良かった1台でした。まずは低く、そして長く伸びたボディのシルエットがとても魅力的だったことが目を惹きました。たくさんのフィグ乗り4幅車が集まった中でもこの車はひときわ低く、より洗練されたプロポーションをアピールしていました。そしてこの美しい車は4ポッチ幅と表現するのに全く無理のない華奢さを持っていたのです。

lepus_3.jpg

 青いボディにクリアライトブルーのウィンドウの組み合わせが非常に爽やかな印象です。ボディの組み方は製品などに見られる一般的な4幅車とは一線を画すものです。他のエントリー車には見られないようなパーツも随所に使われています。カーブを使ったきれいなフロントノーズから、ルーフまで伸びたキャノピー、そしてテクニックパネルを使ったドアなど、とても独創的で未来感あふれる造形です。目敏い人ならヘッドライトの取り付け方に目を奪われることでしょう。奇を衒うだけではなく、全てが1つのデザインとしてバランスよく収められていることがこの車の素晴らしいところです。

lepus_2.jpg

 ドアに使われているテクニックパネルには、システムパーツにはないフォルムの美しさがあります。通常4幅車のドアに使われるパーツよりもサイズが大幅にアップしており、ガルウィングを広げた時の迫力も一際大きいです。メカとしてのディテール感を削がないための工夫もされており、ドアの裏からは黒のパイプフレームが現れます。こういった普段は隠れているポイントまで作り込まれていては、ショーカーとしても高く評価せざるをえません。気になるオレンジ色のハンドルはエクソフォース・シリーズの武器の円盤を使っています。

lepus_4.jpg

 パネルを使ったリアフェンダーの表現なども、4幅車ビルダーにとっては注目すべき点でしょう。シリーズを問わないパーツが織り成すビルドテクニックはまさに芸術的と言ってもよいほどですが、しかしこの作品は芸術そのものではありません。あくまで車という実用品を形にしたものだからこそ、見る者を熱くしてくれるのです。
 実に未来を感じさせてくれる車ですが、その由来は過去現在どのジャンルの車とも異なる独創的なデザインにあります。自分でオリジナルの形を作り出すことはとても自由でありながら、際限のない難しさもあります。また完成度を図る比較対象がないことから、なかなか評価されないジャンルでもあります。しかし私はこのようなオリジナルビルドがもっと広がっていくことを期待しています。ベスト・コンセプトはその願いを込めたトロフィーでもあるのです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

4 Comments

s-3 says..."紹介ありがとうございます!"
そしてベストコンセプト獲得、大変嬉しいです!!

この車は今まで培ってきたノウハウを取り入れつつ、いつも通り(?)にビルドしたものです。

ヘッドライトは王道で組んで角ばった印象を与えたくなかったので一番悩んだところかもしれません。
独立フェンダーの方に僅かにポッチをはめれる箇所を発見し、それをクリップで挟める形を取ってるので振っても落ちない耐久性を実現できました。
これを発見した自分でも正直驚いています;^^)

テクニックパネルのドアは以前の作品にも取り入れましたが、やはり垂直にビシッと上げたかったのでこの車でリベンジしてみました。
このときバーをクリップで掴む方法がこのガルウィングを実現するのに最適な組み合わせだと思いました。(発案された方に大変感謝m(_ _)m)
また、同時に先端の斜め部分がフェンダーの一部の役割も担ってるところもお気に入りです。

記念すべき最初のHMRのベストコンセプトアワードを頂いたことを誇りに思います。
車は頂いたトロフィーと共に専用の展示スペースに飾っておきます(笑)
2015.05.15 20:18 | URL | #nfSBC3WQ [edit]
Tamotsu says..."Re: s-3さん"
私の感想としても、今までのs-3さんの作品の中では特段ユニークとは思いませんでした。
もちろん他の方の車とは全く異なる味付けではありましたけど。
でも最初に見たときからすごくイイと思いました。

いつも通りっていうそれが一番いいと思います個人的に。
私がいつも心がけていることは本筋から外れないようにすることですし。
いつも自分が作るものって自分が一番好きなものなんですよね。

ガルウィングはSakuさんのアイディアですね。
素晴らしいテクニックの共有に敬礼です。
2015.05.15 21:06 | URL | #dNm2mw72 [edit]
関山 says..."良き孤高"
S-3様の作品って、妥協抜きの究極を求められてる気がします。良い意味での「孤高」を感じます。そこに惹かれるのですが。この車のアワードはまさに納得です。

あと、ヘッドライトの支持は確かにトリッキーですねw ほぼ挟まってるだけ……?
2015.05.15 21:56 | URL | #KWOxclv. [edit]
Tamotsu says..."Re: 関山さん"
アワードに納得していただけましたか。
関山さんもコンセプト部門でもっと攻めてみたらいかがでしょうか。
今回多数持ち込まれた牙の車もコンセプトとしてとても良い車だと思いました。
オリジナルのクラシックカーとしてもすばらしいと思いますし、ダブルアワードも狙える?かも。

2015.05.20 22:42 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/466-dd01762c