【レゴ作品】日本様式VIPセダン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【レゴ作品】日本様式VIPセダン

bippu_1.jpg
Bippu Hawk

 ホンダシビックなどをメインとして広まってきたJDM / スタンスの世界では、それまでのようなコンパクトカーを降りる傾向があるようです。スタンス界で次に注目されたのが日本のVIPスタイルです。




 クラウン、セドリックなどの日本製セダンをシャコタンに改造したものというのが、VIP(ビップ)というジャンルの最も簡単な説明となります。その起源は従来の暴走族から来ており、鬼キャンと呼ばれる極度のネガティブキャンバーとなっていることなどが伝統として引き継がれています。暴走族との違いは純粋にスピードを求める走り屋的な要素が大幅に削がれている点で、そのスタイルはレーシングというよりもラグジュアリーを求めたものとなっています。そのため外装もレーシングカラーを元にしていた昔の派手なペイントではなく、白や黒などの落ち着いたものが主流となっています。
 街道レーサーをいくつか製作した私の次なるターゲットは、現行の文化であるこのVIPです。すでにアメリカのスタンスシーンでも一定の勢力を持つまでに広まりを見せています。

bippu_3.jpg

 シャコタンの手法は街道レーサーの時と同じやり方をそのまま適用しています。シティフェンダーを使ったセダンということで、レゴ作品としてもグッと現代的なデザインになりました。高級セダンとして他の車と差別化するために拘ったのがフロントグリルです。最近主流である大型のグリルを斜めに装着して、今までの4幅車フェイスとは異なる形状にしました。このグリルの裏にはヒンジブロックが隠れていますが、実はボディとは接続されておらず、ボンネットのタイルに挟まれているだけです。若干無理やりなのでボンネットのタイルも少し浮いています。

bippu_5.jpg

 現代的なボリューム感を出すために、トランク部分は1プレート分かさ上げしました。またテールライトの形状、リアガーニッシュなどで今のセダンらしいヒップ周りを表現しました。下回りはVIP文化によく見られるようなアグレッシブなデザインのディフューザーを取り入れています。センターのF1ライトも近年の流れです。

bippu_4.jpg

 内装は赤が見えるようにあえて配置しました。色は主流の黒を選択しました。やはり黒は癖がなく高級感を演出できる色合いでしょう。ウィンドウやライト類をスモークにするのもお決まりの手法です。

bippu_2.jpg

 特に車高について強い拘りがある文化でもあります。強烈なタイヤの角度と着地寸前の車高は、車高調を使ってセッティングされる場合が多く、低い状態で固定されています。エアサスで随時の車高変更ができるようになっている車両はアメリカに比べて少なく、それらの車は時には「男らしくない」という酷評を受けることもあります。この過激な足回りにはリムの深いホイールが常にセットとなります。ステンレス鍋にタイヤを巻いているのかと思うような深リムはVIPには欠かせないものです。

bippu_6.jpg

 ホイールの取り付けはいつものようにクリップです。内装を赤くするために赤いパーツが見えていますね。それ以外は隠れている部分も含めて黒で統一してあります。フロントバンパーは特殊なグリルの取り付けが邪魔しており、ブラケットから少し浮いた上体で接続されています。

 VIPの正しい読み方は「ヴィーアイピー」ですが、あえて「ビップ」と発音するのがこのジャンルの特徴です。当然アメリカでの一般的な発音は「ヴィーアイピー」となりますが、特に日本の文化に精通している一部の層では「Bippu」の呼び方が使われています。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

257 says..."初めまして"
初めまして、257と申します。USDMマガジンの特集から貴方の4幅車作品に興味を持ち、このブログを訪れました。
様々なテクニックと絶妙なセンスで組み上げられた作品群は素晴らしいの一言。一時私もレゴを触っておりましたが、殆ど説明書通りに組んでいたもので、此処で紹介されている色々な組み方はまさに目からウロコ。Tamotsuさんの創造力には脱帽です。
また各記事のカーカスタムの流派への解説も秀逸。大変研究されているとお見受けしました。
この記事のVIPカーもハの字シャコタン・ツライチがビシッと決まっておりとても素敵です。
ここでおこがましいのですが、私から一つ提案?を。
最近、VIPカーの世界では空前の欧州チューナーブームとなっています。
エアロは主にベンツチューナーを意識して作り込まれ、リアのディフューザーは最早標準装備。フェンダーも欧州のスーパーカーを意識したアグレッシブな形状に改造される事が多いです。
中には空力を計算してエアロを作ったり、エンジンをチューニングした本格的な車もあります。
勿論これはほんの氷山の一角であり、実際はこの記事の様にシンプルにキメた車が多いのだと思いますが、私としては上記の様な最近のVIPカーもバリエーションに加えてみるとより面白くなると思いますが、如何でしょうか?
またVIPカーも年によって改造の傾向が変わり、1997~99年頃はドレアップキングに代表される派手な仕様(俗に”全盛期仕様”と言われますね)が業界を席巻しました。この辺りもレゴで再現してみると面白いと思います。
長くなってしまいましたが、これまで街道レーサーやJDM等で様々な仕様を再現されてきたTamotsuさんによる「一時代のVIPカー」を表現した作品も拝見したいと思った次第です。
長文失礼致しました。
2015.08.15 00:52 | URL | #- [edit]
Tamotsu says..."Re: 257さん"
はじめまして、興味を持って訪問していただきありがとうございます。
作品と記事を評価していただき恐縮です。

さてご提案のVIPのバリエーションですが、とても良いアイディアだと思いました。
VIP乗りではないので、欧州チューナーブームなどの最新トレンドまではキャッチしておりませんでした。

私としてもVIP系の車はこれに留まらずに何台か作って生きたいと思っています。
アメリカでも注目されている形ですし、日本独自のものであるというところ、また世の中の人々にはなかなか受け入れてもらいづらい車なので私としても魅力を発信していきたいです。
またもう一つ挙げられている97~99年仕様というのもとても魅力的です。
70年代や80年代のカスタム文化はすでに歴史化とリバイバルの流れができてますが、90年代ってまだまだですよね。
前半のバブルからの世紀末への変遷など90年代は魅力満天なので推していきたいです。

4幅車は何でも思い通りにできるわけではないので、まずは4幅で製作可能な形を模索することから始めることにします。
VIPの中での些細な違いをこのサイズで表すことはなかなか難しいことです。
特徴を掴んでそれをレゴパーツに置き換えることができればきっと満足のいくものになるでしょうが、それまでは情報集めと思索を続けるしかないですね。

コメントと提案をありがとうございました。
2015.08.16 21:17 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/470-20895caf