【HMR】そのシルエットはキュートなスカイライン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【HMR】そのシルエットはキュートなスカイライン

skylinesihouette_1.jpg
スカイライン・スーパー・シルエット
作者:たむちん
関連:【群馬レゴオフ】Hot Minifig Rides 2015 画像レポートその1

 日本のレーシングカーの中でも特に象徴的な伝説の車です。それが4幅車という規格に落とし込まれたときに、こんなにも可愛らしく変身してしまったのは驚異の化学反応です。




 赤と黒のカラーリングがシルエット・フォーミュラのスカイラインをすぐに思い起こさせてくれます。シルエット・フォーミュラはその名の通りに、シルエットだけが市販車で中身は完全なレーシングカーです。大型のエアロを装備する攻撃的なフォルムを4幅で再現しようとしたときに、やっぱり多くの4幅車ビルダーは屋根を低くすることを考えるでしょう。その点において、この車の背の高いルーフは私たちにハッと気づかせてくれるものがあります。

skylinesihouette_2.jpg

 シルエット・フォーミュラ特有のワイドボディは5幅を使って表現されています。ジャンパープレートやタイルを駆使して作られたワイドボディは今の4幅車ビルドでは珍しいものではなくなりましたが、この1台のクオリティは中でも高いものといえるでしょう。半ポッチずらしが行われているボディの各部は隙間がなく、ほとんどの部分でポッチ隠しが行われています。手に持ったときの強度も申し分なしです。フロントスポイラーやリアウィングなどは屋根の高いコミカルなプロポーションによく似合っていますね。実車であればフロントスポイラーに白い「TOMICA」の文字が入れられます。フロントグリルの下に配置された白いプレートはその文字を表しているのでしょう。

skylinesihouette_3.jpg

 5幅を利用して、スカイライン特有の丸型ダブルのテールライトを再現しています。全体のバランスは写実的なものからは離れたものですが、むしろ昔ながらのレゴ4幅車の世界観には自然に溶け込むものです。実車をフィグ乗り4幅車に作り変えるときにディフォルメは絶対に必要になります。そのディフォルメ具合が強く、またバランスもよく取れた素晴らしい1台だと思いました。

skylinesihouette_4.jpg

 なんとプルバックモーターが仕込まれています。ルーフを高く取っているのもモーター付きにしていることが理由の一つとなっているようです。フロントスポイラーにはミニフィグ台座が使われていることが分かります。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/472-51c56b6e