【映画】Beautiful Madness:マッドマックス怒りのデス・ロード - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【映画】Beautiful Madness:マッドマックス怒りのデス・ロード

CICH4kzUsAADtO9.jpg

 30年ぶりのマッドマックス新作です!6月20日から公開の最新作「怒りのデス・ロード」を観てきました。以下はネタばれ込みの映画感想記事となっています。




 マッドマックスは私にとってはとても思い入れの深い作品です。私がマッドマックス2を見てどっぷりハマってしまったのは2001年、中学二年のときでした。そして同時に私のレゴ活動も単なる子供の遊びから、大人の作品製作へと方向性を転換した頃でした。マッドマックスの車をレゴで再現していた当時が、今レゴ4幅車ブログをやっている私の下地となっているのです。

 どこまでも続く砂漠と青い空、真っ直ぐに伸びる道路、そしてインターセプター……全てがマッドな映画、マッドマックスが再びやってきました。それも私が想像していたよりもはるかに強大なエネルギーを放出していました。それはただ単にカーアクションが派手にスケールアップしていたというだけではありません。荒廃した未来世界には想像を絶する狂気が満ち溢れていました。スクリーンに映るあらゆるものがひたすらにマッドで、正常なものなどどこにもありませんでした。V8で動く戦闘兵器が雄叫びを上げ、音楽が火を吹き、戦士たちが死に酔いしれて爆発四散する、比喩でも誇張でもなくそんな映画です。今までに見たことのない新しいマッドマックスに私もまた陶酔してしまい、その狂気の渦中に入り込みたいとすら思ってしまったのでした。

 マッドマックスは砂漠化して荒廃した未来像を描いた「2」の評価が特に高いシリーズです。そして期待された3作目のサンダードームはファンからは「腑抜け」と呼ばれるものになってしまいました。「2」はストーリーやキャラクターなど全ての点において奇跡的なバランスで成り立っていました。しかし4作目に当たる今回の「怒りのデス・ロード」を観て、「2」の成功は奇跡でも偶然でもなく本物であったこと、監督のジョージ・ミラーは天才であったことを確信しました。サンダードームすら肯定するものになった今作は、一度は過ぎてしまった世紀末感を現代に蘇らせる作品となりました。

 世界の崩壊から45年がすぎ、マックスの年齢の辻褄が合わないこと、「2」で破壊されたインターセプターが再登場することなど、主人公の設定の不整合さを除けば、シリーズ世界は実にリアリティのある変遷を辿っています。道路に転がっていた文明時代のスクラップやゴミは今作では綺麗さっぱりなくなっています。それもそのはず、どんなガラクタでもこの時代では貴重な物資であり、回収されつくされているからです。破壊された車も修復されて再利用されます。人々は新しい町や集団、またはカルト的な集落を作り、新しい生活の基盤を築いています。また荒くれ者たちの攻撃手法も世界崩壊直後に比べると大きく進化しています。タンクローリーにモリを引っ掛けて自滅していた頃とは違い、車の装備も手際の良さも洗練されるようになりました。

 思えば最初のマッドマックスのときにはまだ文明も町も残っていました。ただ人々の心だけが狂気に犯されていました。世界が砂漠と化し、狂気だけが残った今作には綺麗なものなど一つもありません。しかしマッドな改造車とマッドな人々が戦い、爆発する姿は野性的な美しさを感じてしまうほどでした。

lw09_18.jpg

 この写真は私が高校の頃にやっていた、The Lego Warriorというマッドマックス2を再現する企画のものです。写真は2004年に撮影されています。丁度マッドマックス4作目の製作のニュースが出始めた頃でした。なおこの頃は6幅車に傾倒しており、4幅車へと転向するのはもう少し後のことになります。




 マッドマックス怒りのデス・ロードにて私のお気に入りのシーンは、ボンネットにまたがり口に含んだニトロ燃料をブロワーに直接吹きかけてパワーアップさせるところです。どうしたらこんなマッドな発想が生まれるのだろうかと、そしてこんな映画を作ってもいいんだと度肝を抜かれたのでした。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/486-3d0274d2