【Flickr】限定レアセットをリメイク!カナダ郵便仕様 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【Flickr】限定レアセットをリメイク!カナダ郵便仕様

5673714538.jpg
User : Triborough
Lego Canada Post Truck | Flickr - Photo Sharing!

レゴ作品が活発に発表されているFlickrより作品を紹介します。
赤と白で塗り分けられたボディに青いラインが特徴的なカナダ郵便仕様トラックです。




車好きならやはり働く車の魅力というものにも自然と引き寄せられてしまいます。
働く車の特徴はなんと言ってもご当地の公共カラーでしょう。
公共車両の中でもパトカーなどは当然高い人気がありますが、この郵便車のようにそれ以外の働く車というのもマニアック度が増して良いものです。
屋根のカーブ付きウェッジや、傾斜のゆるい窓など、最近のデザインのワンボックスカーといった感じですね。
前後のオーバーハングは短めに取り、ロングホイールベースの車体を太いタイヤでしっかりと支えています。

さて私がこの作品を見て気になったのはサイドのプリント部分です。
シールかと思い拡大してみても、なんだかシールには見えません。
実はこのモデルは古いレゴセットのリメイク版なのです。
元のセットは下になります。

105.jpg
#105 Canada Post Truck

1984年リリースのカナダ郵便トラックです。
つまりプリントパーツは正真正銘レゴの純正パーツだったわけです。
このセットは当時カナダでのみ入手可能だったもののようで、その限定さ、古さ共に超レアなセットであることは間違いありません。
そんなレアパーツを投入したこの作品は簡単には真似することのできないゴージャスな逸品と言えるでしょう。

5673146903.jpg

この作品の素晴らしいところはレアパーツだけではなく、作品としてシンプルながらによくまとまっているところですね。
80年代テイストだったトラックが見事に現代風に蘇っています。
素材を活かしたビフォー・アフターの対比が、伝統を守りつつも進化を続けてきたレゴそのものの姿と重なるようです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

関山 says..."かっこ良い!"
レゴのはたらくクルマで郵便関係が定着しないのって、国ごとにマークとかカラーリングが全然違うからかもしれませんね。西欧では黄色でホルンのマークが多いようで、レゴで郵便やるときはその流れが多いですね。

で、カナダの郵便トラックの今様、素敵です。
ワイドトレッドのタイヤは使いにくい部品と思ってましたが、こんな雰囲気の今風の貨物バンにはここまで似合うとは……。このタイヤじゃないと、この雰囲気にはならないでしょう。

フロントの、ちょっとフロントウインドウに被せたポチスロワークも巧いと思います。

で……レアなステッカーはひょっとしたらオリジナルじゃなくて復元かも……? でも、それでも手間は掛かりますし、そもそもこの限定題材に目をつけられたところが凄いと思う由です。
2013.02.02 03:47 | URL | #KWOxclv. [edit]
Tamotsu says..."関山さん"
少し前にあった郵便車は黄色でしたね。
日本だと赤のイメージあります。ポストマン・パットも赤でしたし。

日本で黄色と言えば道路公団ですね。
いつかはシャコタン道路公団やりたいです。

プリントパーツは、この部品だけ汚れ&ランナー切り口がある古いパーツを使っているので当時物と判定したのですが、どうでしょうか?
2013.02.03 22:58 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/50-a6768ce3