【JAM】RWB。憧憬のワイドボディポルシェ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【JAM】RWB。憧憬のワイドボディポルシェ

rwb964_1.jpg
RWB 964
作者:最澄

 RWBと聞いてピンと来る人はおそらく生粋のカーガイに違いありません。それもただの車好きではなく、車を改造することに興味があると見えます。




 記事を書いている時点で週末に控えている国際鉄道模型コンベンション(JAM)のために集めたレイアウト用4幅車からのご紹介です。イベントは本日(8月21日)から3日間開催されます。そして今回の車も展示されています。

 ポルシェのチューナー(市販車を改造して売る会社)には有名どころも数多いですが、中でもRWBの名前はこの何年かの間に急激に目にする回数が増えました。ポルシェ911のワイドボディ仕様は特にUSDM・スタンスシーンでは憧れの的になっています。それはヘラフラッシュの生みの親であるマーク・アーセナルが愛車としてRWBポルシェを所有し世界に見せつけたことがきっかけでした。日本で開催されるオフセット・キングス(旧ヘラフラッシュ)に必ず複数台のRWBポルシェがエントリーしていることからもその影響が見て取れます。

rwb964_2.jpg

 ポルシェ911自体がそもそも4幅化にはなかなか向いていない形なのですが、このRWB仕様はしっかり911に見えます。ワイドボディにすることで、むしろ911らしいスタイリングを作り出すことに成功している例と言えるでしょう。丸みの付いたリアフェンダーが911らしい曲線をイメージさせてくれます。カーブスロープを置いたボンネット部分も非常にそれらしい造形です。ヘッドライトは垂直に立っていることから、モデルは993ではなく964とのことです。ライトにクリアパーツをあえて使っていない点が雰囲気を高めます。

rwb964_3.jpg

 尻下がりなラインも非常に再現度が高いです。大型のリアウィングは6ポッチ幅のパーツで表現されています。ホイールは最近レゴ・フレンズで登場したばかりのパールゴールドの4スポーク深リムが採用されています。新色パーツの使用によってレゴ作品としてもフレッシュなものになっています。また赤いボディとの組み合わせは最高にクールにキマっていると言わざるをえません。中に乗っているミニフィグは、今年スピードチャンピオンズのポルシェ918スパイダーに入ったポルシェ・ドライバーを使っています。レゴ初のポルシェ公式フィグですから、今回の車にはピッタリのチョイスですね。

rwb964_4.jpg

 ホイールはキャンバー角をつけずに通常の車軸で固定されます。タイヤは薄いスリックタイヤを組み合わせており、外側にのみ履かせています。フェンダーで完全に覆われるので、外から見る分にはこれで十分ですね。

964WB_street_1.jpg
964 Wide Body – Racing _ RAUH-Welt Begriff USA

 ファットレースのマーク・アーセナルが所有するRWBはまさにこのグリーンのワイドボディ964です。2011年のSEMAショーで公開されてからブームは始まりました。空冷911各世代にボディキットが用意されており、993ベースも高い人気があります。リンク先はRWB USAですが、RWB自体は日本の会社です。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/515-819e92b8