【レゴ作品】カーショーのお供にトランスポーター - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【レゴ作品】カーショーのお供にトランスポーター

hauler_1.jpg
Hauler

 車のイベントにはショーカーだけではなく、さまざまな運搬用トラックも集まります。4幅車の世界にもそうしたホーラー(Hauler)は必要なのではないでしょうか。




 4幅車を積むためのトランスポーターは以前から作りたいと考えていました。イメージするのは日本で見るようなものではなく、やっぱりアメリカのイベントで車を搬入しているようなものがいいと思っていました。私はいつも色々な車雑誌を部屋で読んでいるのですが、USDM Freaxのイベントレポートの片隅にファットレースが使用する格好いいトランスポーターが写っていたので、その写真を元に今回のトラックを製作しました。

hauler_2.jpg

 車を載せるためのトラックは6幅になっても良いというのが私の考えですが、このタイプのものはフロントは乗用車と同じなのでキャブは4幅で作りました。少し幅広感を出すためにサイドにはタイルを貼っています。フロントフェイスの形状などはあくまで現代風にまとめました。バンパーやミラーは黒にして、働く車らしい雰囲気にしています。クルーキャブを意識して室内は広めに取っていますが、ミニフィグは一人しか乗せられません。

hauler_3.jpg

 ベッドは傾斜しているタイプで、こういう形をランプトラックというようです。荷台は稼働しません。幅は6幅に、両側のプレート分なので、かなりワイドになります。4幅のキャブに対してアンバランスにならないか不安でしたが、こうして見ると思ったほど違和感はありません。車を固定するウィンチ付きですがフックが大きすぎるため、私が保有するほとんどのシャコタン車には用をなしません。

hauler_5.jpg

 車を載せた姿だと決まって見えますね。フラットな荷台で6幅あるので、タイヤがはみ出している車でも載せることができます。シャコタンでも積めることが絶対条件だったので、タイル張りは必須でした。タイヤ止めすらありません。長いホイールベースで踏ん張っているのも大型車両の魅力です。実際あまり頑丈な組み方をしているとは言えないのですが、車を載せた状態でも車体のしなりはありません。

hauler_4.jpg

 今回はドリ車を載せてあります。こちらの車もそのうちに紹介する予定です。トラックに載せる車は美しいショーカーやドラッグレーサー、製作中のプロジェクトカーやフォーセールカーなど様々に考えられますね。色もつるし(ノーマル)っぽい白にしたので、組み合わせの遊びは色々とできそうです。

hauler_6.jpg

 通常の車と比べると2倍程度の長さの差があります。こういった大型車と乗用車のサイズのギャップは、私にとっては非常に魅力です。4幅車を含めたレゴの世界が一気に広がったような気になるのです。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/525-b52242ae