【JAM】フィグなし5幅アメ車の世界 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

【JAM】フィグなし5幅アメ車の世界

falconwagon_1.jpg
作者:Tom
関連:【JAM】2015年L-ゲージの中の4幅車たち

 レゴとは面白いもので、人によって組み方はまったく変わってしまいます。レゴ4幅車ブログの活動を通じて色々なビルダーの作品を見るにつけ、自分の中の固定観念が崩れていくのを感じるのです。




 当ブログでは今までに様々な4幅車を紹介してきましたが、今回の車はこれまでとは異なる文脈から飛び出してきたものです。といっても熱心な読者であれば、このビルダーの5幅アメ車群は見たことがあるはずです。

falconwagon_2.jpg

 フィグが乗らない車作品はやはりその雰囲気もがらりと変わります。フィグなしの利点は無理のないルーフ周りを作れることでしょう。またルーフを4幅、ボディを5幅で組むことによりかなりリアルなプロポーションを再現しています。今回JAMのジオラマ展示用にお借りした車は他にもありましたが、私の目に留まったのはシンプルながらも雰囲気の良いこのワゴンでした。水色のパーツは素朴ながらも力強いアメリカンサイズ車によく似合う色です。最近多いアズール系の水色とは異なる落ち着いた色合いです。使われている水色パーツの多くが1x4タイルであることなどから、供給の少ない色での工夫が垣間見えます。

falconwagon_3.jpg

 ルーフは4x8の大きなサイズを取られています。1x4タイルのみで構成されていますが、裏から2x2ターンテーブルの円盤を当てて接続しています。ボディサイドはプレートとタイルでユニット化されており、色々なカラーに対応できそうです。使う水色パーツの節約にはかなり役立っていると思います。

falconwagon_4.jpg

 裏側はこのようにスカスカです。ハンドルやシートの背もたれなど、窓から見える内装が必要な分だけ接続されています。タイヤはホイールなしではまっているように見えますが、小径鉄道車輪にセットしています。アメ車らしいワイルドさが出るのでこの組み合わせが気に入っているそうです。ただしあまり流通数の多いパーツではないので、常にパーツショップなどで在庫を狙っているようです。

 人の作品に触れることはいつも色々な驚きに満ちています。これはネット上で画像を見るだけでは分からないことです。格好よく作られたレゴの車はよく壊れます。そして蝶々のように繊細な接続をつなげているうちに、今まで自分が無意識のうちに自分に足かせを付けていたことに気が付くのです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/529-afa00ba2