The Monster's Picnic:ランチボックス | JAM - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

The Monster's Picnic:ランチボックス | JAM

lunchbox_1.jpg
Lunchbox
作者:emoLego
関連:【JAM】2015年L-ゲージの中の4幅車たち

 モンスタートラックは昔からアメリカで人気のあるモータースポーツです。レゴでも過去に何度もテーマに選ばれてきたジャンルですし、オリジナルビルドのテーマとしても定番です。




 しかしレゴで作るときには少しだけ注意が必要です。なぜなら大きなタイヤを付けたモンスタートラックはあまりにもおもちゃのように見えてしまうからです。そのことを前提に作った方がいいかもしれません。今回紹介するこちらのバンはタミヤのラジコンであるランチボックスが元となっています。本物の競技を見たことがない人でも、こちらのラジコンは知っているという人が多いのではないでしょうか。まさにおもちゃのような1台です。

lunchbox_2.jpg

 黄色いボディに黄色いホイール、そしてオレンジの挿し色などが非常にそれらしい雰囲気を出しています。屋根にはアメリカらしい4連フォグライト、そして大きく目立つサイドミラーなどボリューム間を上げるアイテムが効果的に使われています。弁当箱のように真四角なボディはシンプルに作られ、オリジナルのパネルバンとは異なり後ろにも席が設けられています。ビッグタイヤを支える腰下のディテールアップも、ぜひモンスタートラックを作る人には参考にしてほしい出来です。

lunchbox_3.jpg

 フェンダー内部に見えるサスペンションは地味ながらもとても重要なポイントです。これによって地面に踏ん張っている感じが伝わってきます。見づらいですが黒いスポイラーを使ったサイドステップが付いています。後ろには牽引用のボールジョイント受けが備わっています。実はボートを積んだトレーラーとセットとなる作品です。ルーフにはサーフボードも積んであり、競技用というより海での遊びを目的にしているようです。

lunchbox_4.jpg

 モンスタートラックといえば車を踏み潰すのが仕事の一つですから、このショットはぜひとも撮りたかった一枚でした。下敷きになっているのはTomさんのフィグなしアメ車です。こちらの車については別途記事にしてあります。
【JAM】フィグなし5幅アメ車の世界
 ランチボックスは雰囲気的に80年代のスターですから、Tomさんの作る70年代アメ車は配役にぴったりでした。フィグなしでルーフが低く抑えられていることも良かったですし、潰されている雰囲気も最高です。

lunchbox.jpg
1_12RC ランチボックス

 ランチボックスはタミヤのオリジナルの車両ですが、実際にアメリカで活躍していたローリン・サンダーという車両が元になっているようです。ベースはダッジのバンです。
Monster truck photo album - Rollin' Thunder
 日本では知名度の低いアメリカのカーカルチャーを多く輸入して普及させたという点でタミヤの功績は大きいのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/530-8d3b488c