ロータス・エランとイギリス製ライトウェイトスポーツの記憶 | JAM - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

ロータス・エランとイギリス製ライトウェイトスポーツの記憶 | JAM

elan_1.jpg
Lotus Elan
Builder: 最澄
関連:【JAM】2015年L-ゲージの中の4幅車たち

 新しいものの登場にはいつも心躍らされます。新しくて素晴らしいものには、奇抜なアイディアは必要ではありません。意識せずともビルダーのこだわりは映し出されているものです。




 今となっては見る影もありませんが、かつてのイギリス車といえばたくさんの名車が揃っていました。特にイギリス製のライトウェイトスポーツといえば日本でもエンスージアストの趣味の車として代表的なものでした。ロータス・エランの小ぶりさは60年代という時代ならではのものでしょう。現代の車にはない魅力を感じるエンスーは今でも多いはずです。

elan_2.jpg

 私は見た瞬間にこの車がエランだと分かり、その素晴らしい出来に感動してしまいました。4幅車としては取り立てて珍しいビルテクは使われていません。サイズもとてもコンパクトにまとまっています。そのコンパクトさがエランとい車を表すにはちょうどよいバランスです。そして何よりも無理をしないフロントの造形が素晴らしいです。プチスロとカーブスロープを組み合わせたノーズはエラン以外の何者にも見えません。捉えるのが難しい繊細な形をよく表現できています。

elan_3.jpg

 バンパーは前後ともグレーのレールプレートです。4幅車ビルダーにとって細かい凹凸を表現するのに便利なパーツです。上下反転させてもレールの形状が対称になっているのも良い点で、リアバンパーは上下逆組みになっています。ブラケットを駆使した隙間のないクリーンなビルドです。ボディカラーは黄色で統一され、ホイールもごく基本的なものが選ばれています。平凡なものを組み合わせて非凡な作品へと昇華することはレゴの基本原理でもありますね。今回はロータス・エランという例でそれを見ることができました。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

最澄 says..."No title"
紹介ありがとうございます!JAM用にクラシックなヨーロッパ車を作ろうと思った時に最初に思いついたのがエランでした。
本当はもっとリアにも丸みを持たせたかったのですが・・・。
次に作るとしたら、(パーツ面が厳しいですが)グリーンかダークグリーンで作りたいです。
2015.10.12 18:02 | URL | #- [edit]
Tamotsu says..."Re: 最澄さん"
とってもいいと思います。
こういう王道的なチョイスって素晴らしいです。
もし作るならバンパーが金色なやつとか良さそうだなと思いました。
金色はダークタンで置き換えるといい感じになるっぽいですよ。
ていうか自分で作りたくなりました。
2015.10.12 18:30 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/541-659f7565