Performance with Elegance:ジャガーEタイプの華麗な性能 | JAM - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Performance with Elegance:ジャガーEタイプの華麗な性能 | JAM

jaguarxke_1.jpg
Jaguar E-Type
Builder: 最澄
関連:【JAM】2015年L-ゲージの中の4幅車たち

 ここに黒いボディのオープンカーがあります。ポッチがむき出しにされたこのレゴの車体に、私たちは美しいアールを描いたボディラインを重ね合わせることができます。




 Eタイプは60年代のスターの1台です。高級セダンなども手がけるジャガーというメーカーの、イメージの一つを形成するエポックメイキングな名車であるといえるでしょう。ヨーロッパというテーマに合わせてこの車をチョイスすること自体は全くもって意外ではありませんが、それが4幅車になったときにどうなるのかということには強い興味を引かれますよね。

jaguarxke_2.jpg

 ホイールベースは長めに8ポッチ取られています。長めといっても最近ではこのくらいのサイズの4幅車は全く珍しくはありません。運転席は後ろに寄せられ、ロングノーズ・ショートデッキの古いスタイルが再現されています。フェンダー上のポッチはあえて剥き出しのままとされています。ヘッドライトを取り付けているブロックからポッチを取り除けないための措置と思われますが、絶妙なうねりのあるラインを表現する手法としても機能しているでしょう。ボンネット中央に置かれたタイルもシルエットに馴染んでいます。ボディサイドのタイル貼りは、回り込みの深いEタイプのプロポーションを表すキーとなっています。フェンダー部分にレールプレートを出してラインを整えているのも自然な仕上がりです。

jaguarxke_3.jpg

 ボリュームのあるテールにはカーブウェッジが見事に役割を果たしています。ボディラインとつなげたグレーのバンパー表現も秀逸です。リアボトムを丸めるカーブスロープの上下逆組みも注目すべきポイントです。こうした所でさり気なくビルテクを発揮できれば4幅車ビルドも上級者ですね。ホイールはワイヤー風のシルバーメッシュが選択されています。ここも外さないチョイスです。

 またしてもヨーロッパの名車の一つが見事な形で4幅化されてしまいました。不可能も可能にする4幅車ビルドの世界はまだまだ広がっていきそうです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/551-c253f307