歴史を知る。サクラグ横浜オフMinifig Ridesカーショー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

歴史を知る。サクラグ横浜オフMinifig Ridesカーショー

sakuragu2015_6555.jpg

 11月7日は私が参加しているLUGのサクラグオフ会が横浜で行われました。私もMinifig Ridesの看板とウォールマートを持参してカーショーを開催してきました。




 今回オフ会開催はSIGEZOさんが主体でした。参加の募集は基本的にフェイスブックで行われ、Minifig Ridesカーショーの宣伝も事前にしていただけたので、車がたくさん集まりました。今回は私がいつも行くオフ会とは違うメンバーが多数集まっており、車の雰囲気も変化があります。4幅車ブログ以前に作られた名作も登場して温故知新の機会となりました。

sakuragu2015_6525.jpg
 ウォールマートも3回目の展開です。ビーチは駐車場のある正面側に配置しました。ヤシの木やディスコトラックなどいつもの布陣ですが、初めてご覧になる方も多かったので持っていった会がりました。

sakuragu2015_6533.jpg
 SIGEZOさんの移動販売車が私のホットドッグトラックと並びました。フロントフェイスはプリントパーツ使用、よく見るとカーベースを使っています。

sakuragu2015_6536.jpg
 レゴのマスターモデルビルダーであるなかやまさんも4幅車を持ってきていただけました。奥は製品版のエメットの車です。なかやまさんは光るトラックや走る車などのギミックに特に注目されていました。

sakuragu2015_6530.jpg
 SIGEZOさんのプルバックモーター仕込みのクラシックなF1。青いタイレルは雰囲気抜群です。

sakuragu2015_6529.jpg
 こちらの列はSIGEZOさん、フジサワさんの車が並んでいます(間違いはご指摘ください)。2008年の伝説のブリックファンタウンで使われた車も。バモスホンダはSIGEZOさんの新作です。

sakuragu2015_6541.jpg
 スポーツカーやタクシーなどはAyucowさんの作品です。タクシーのラインの入れ方や二人乗りになっている点などさすがのクオリティの高さです。緑の紙幣をナンバープレートにしているのもお約束ですね。

sakuragu2015_6546.jpg
 だんだんと車が集まってきて駐車場もいっぱいになりました。こうしてみんなの車を並べて遊べるのは楽しいです。

sakuragu2015_6538.jpg
 「戦う車」テーマのプチビルコンはこの時点であと1週間程度ですが看板を置きました。その前にはミリタリー色の強いシュビムワーゲンが置かれています。

sakuragu2015_6547.jpg
 藤田さんの3幅クレーン車は完全にトミカと同スケールのまさにミニカーといった作品です。アームを伸ばしたバージョンと2台の展示でした。

sakuragu2015_6548.jpg
 外に置かれていた車たちを勝手に駐車場に並べ直しました。線を無視してVIP置きするのがイベント風です。今回は車がたくさん集まると信じて自分の車両は限られた数しか持っていきませんでした。

sakuragu2015_6553.jpg
 この車に関しては当時のBFTに置かれているのを確認しました。歴史的な車が今でも保存されていることが嬉しいです。ルーフまで伸びたフロントウィンドウが未来的なスポーツカーです。二人乗りは当時の4幅車ビルダーの流行でしょうか。

sakuragu2015_6570.jpg
 大胆なオープンギミックが驚きの未来チックなミニバンは、最初の完成が2001年と特にヒストリックな1台でした。今回は新しい車屋根などバージョンアップがされています。

sakuragu2015_6569.jpg
 ayucowさんのミニインターセプターと、キャタピラ付きのピースメーカーです。ピースメーカーは私も心躍る1台でした。5幅くらいにスケールダウンして作ってみたいものです。

sakuragu2015_6560.jpg
 藤田さんの4幅ミニカーはフィグ乗り車と比べると本当にミニマムな作品です。フィグ乗り4幅車が標準スケール(1/43)とすると、小スケール(1/64)くらいに当たるのではないでしょうか。

sakuragu2015_6568.jpg
 遠くにパトカーも見える華やかなカーショー会場。車の大きさもそれぞれです。

sakuragu2015_6580.jpg
 6輪のSUVは完全な架空車種とのことですが、オフロードカーのゲテモノバリエーションとしては割りと実例もあったりします。赤いサスペンション車軸が仕込まれており、デコボコを走らせたときの動きが楽しそうです。

sakuragu2015_6588.jpg
 黒のリムジンは顔つきなどもクラシックで高級感があります。サイドの小窓や後ろがスーサイドドアになっている点も雰囲気を高めます。後ろにいるカラフルな車は私のです。追突はしていませんよ!

sakuragu2015_6583.jpg
 レゴラーに人気なオート三輪は今回もいました。風防も垂直タイプで真四角なフォルムがかえって新鮮です。家用の窓を使うことで雰囲気も変わりますね。

sakuragu2015_6582.jpg
 5幅ワイドボディのチューニングスタイルは、足元も定番のレーサー5スポークで決めています。追加フォグの取り付けが気になります。

sakuragu2015_6584.jpg
 会場の外からは車のおしりが並んでいるのが見えます。あくまでカーショージオラマとして車は内向きに並べているのですが、人間視点からは鑑賞や撮影がしづらいという難点もあります。今後のカーショーの参考として留意しておくべき点ですね。

sakuragu2015_6595.jpg
 ライムとオレンジのガルウィング車は私の新作です。それぞれシンプルに一つのカラーで仕上げています。色のインパクトでそれなりの存在感を出せたのではないかと思います。

sakuragu2015_6594.jpg
 ショーティなスタイルの4幅車もかわいらしくて人気があります。小さい中にもグリルやライトの組み方に工夫がちゃんとあります。

sakuragu2015_6608.jpg
 ビーチは車以外の要素も配置できるちょっとした癒しスポットに。写っていませんがなかやまさんが魚のキャラクターを置いていました。ピンク色のシュビムワーゲンが景色に馴染みます。

sakuragu2015_6605.jpg
 ayucowさんのスポーツカーの並びです。プチスロなしの造形が今となってはオールドスクールとすらいえる雰囲気になりました。爪プレートのヘッドライトは当時の最先端です。

sakuragu2015_6602.jpg
 角が丸められたボートのようなフォルムのオープンカーです。タイヤが隠れたスタイルが独特です。

sakuragu2015_6618.jpg
 海は車の展示としてはデッドスペースになってしまいますが、全体の雰囲気を明るくしてくれる効果があります。
sakuragu2015_6621.jpg
 タカラトミーのドリフトパッケージナノにレゴのボディを被せたレゴドリを今回初披露しました。それなりに注目度も高く、来年はレゴドリの流れが来るかもしれません。デモ走行では何回もテーブルから落下して大破しました。

sakuragu2015_6597.jpg
 こちらは完全にレゴ純正品で走るようにしたリモコン4幅車です。ステアリングはなく前進後退を切り替えます。レゴで4幅車を動力化するには電池ボックスの重荷が問題になってきます。

sakuragu2015_6623.jpg
 赤ホイール時代のクラシックな4幅車もたくさん登場しました。基本的にどれも製品版の再現で、4幅車の歴史的な一面との競演となりました。

sakuragu2015_6624.jpg
 1983年の#6384警察署に付属していパトカーは当時の典型的なスタイルを表しています。プリント付きのドアが貴重なパーツですね。これはいわゆるノーマルですが、これをベースにシャコタン改造したくなります。

sakuragu2015_6625.jpg
 こちらはさらに古い3桁品番の時代のものです。1973年の#688シェル・タンカーとなります。フィグ乗り以前の4幅車は完全にミニカーの延長線上にあります。この流れの現代的な進化バージョンが藤田さんの作品群になるのでしょう。

sakuragu2015_6527.jpg
 SIGEZOさんの4幅車用キャリアカーは裏手に駐車されました。ヘッドは6幅、トレーラーは7幅となり、荷台は5幅取られているのでノーマル風に作られた4幅車なら大抵載せられます。

sakuragu2015_6636.jpg
 ランプ可動なので積み下ろしごっこもできます。システムパーツでスマートに組まれているので見た目も美しく仕上がっています。

sakuragu2015_6632.jpg
 私のトランスポーターに乗っているのは藤田さんの未来的な6幅車です。ボディサイドの丸みと大型のキャノピーの曲線が非常に美しいです。スリット模様入りのスロープもSFチックなディテールとして機能しています。

sakuragu2015_6631.jpg
 同仕様2台が並びました。キャノピーはフロントヒンジで開閉可能で中にはドライバーが乗せられます。後ろから見た八角形のスタイルもクールです。

sakuragu2015_6589.jpg
 ぶら下がり式のモノレールを展開していたうださんのレイアウト用4幅車です。やはりトレイン文化には4幅車がつきものですね。

sakuragu2015_6590.jpg
 スライドドアが動くミニバンも古い作品ながら素晴らしいギミックです。

sakuragu2015_6610.jpg
 6幅のアルピーヌ群。Vaillant5さんは実際にA110を所有しているアルピーヌ好きで、作る車もアルピーヌ専門です。ブライトオレンジを使った442Bは色と合わさって雰囲気がよく出ています。

sakuragu2015_6613.jpg
 有名なメルセデスのトランスポーター・ブルーワンダーの赤版です。アルピーヌ車の方もそうですが、青パーツの入手に苦労されているようです。乗せているのはフェラーリのF1、1989年のF189です。

sakuragu2015_6626.jpg
 エンジンなどメカニカルな部分の作り込みもされており、実車オーナーのこだわりを感じました。

sakuragu2015_6639.jpg
 SHIGEZOさんのテクニックフィグ用の大型スーパーカー。カーブを多用したフォルムが90年代的な格好よさです。ホイールキャップも良いですね。

sakuragu2015_6643.jpg
 独創的なデザインのトライクです。よく見るとフロントに2輪あるので変則的な4輪車でしょうか。後ろにさりげなく黒ホイールが使われています。

sakuragu2015_6645.jpg
 こちらは後ろが1輪となるレトロフューチャーな3輪車です。キャノピーのフォルムがユニークな感じです。奥の茶色はイノシシ風のマスクになっています。

sakuragu2015_6647.jpg
 後ろから見ると左右非対称なデザインがとても素敵です。

sakuragu2015_6650.jpg
 私が過去に作った馬車ホットロッド3台を勢ぞろいさせました。どれも製品版の馬車をベースにしています。近いうちに4幅でやろうと思っているテーマです。

 オフ会のあとはA110のVaillant5さんと私の924の2台で横浜のムーンカフェに行って二次会となりました。2速を慎重に入れないとガリってしまう私の924は加速で確実に負けるので追いかけるのが大変でした(笑)。初めてのムーンカフェで食べるハンバーガーはボリューム満点でした。

sakuragu2015_6654.jpg
 私の924とVaillant5さんのA110。アルピーヌは速かったです。

sakuragu2015_6658.jpg
 ムーンにはこんな格好いい車がいました。1954年シェビー。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

SIGEZO says..."No title"
Tamotsuさん、先日はお世話になりました!
ウォルマートと駐車場、ビーチまであるジオラマはやっぱり存在感抜群で、クルマを持ち寄ってくれたみんなも楽しむことができたと思います!
次はあのシチュエーションに合いそうな車を作ってみたいなぁ、と意欲がわいてきますね。
それから、丁寧な撮影とレポート、ありがとうございます。
一台一台がビルダーの個性が出ていて、バラエティに富んだ車たちが集まりましたが、それらの魅力がほんとうに良く伝わるレポートですね!
また次のオフ会でもよろしくお願いいたします。
2015.11.09 23:15 | URL | #SFo5/nok [edit]
Tamotsu says..."Re: SIGEZOさん"
こちらこそお世話になりました!
エレベーターで間違って閉めるボタン連打しててすいませんでした!m(_ _)m
今回はいつもと集まる車も違っていて楽しかったです。

これからもカーショーとして進化していけるように精進していきますのでよろしくお願いします。
2015.11.10 22:53 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/555-91006c60