マッドマックス2:荒野を生き延びる赤いXAクーペ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

マッドマックス2:荒野を生き延びる赤いXAクーペ

redxacoupe_1.jpg
Red XA Coupe
関連:戦う車!第4回レゴ4幅車プチビルコンまとめ・後半 | LEGO画像掲示板

 過去の記事でも書いてきたようにマッドマックス2は私の大のお気に入りの映画です。劇中でも特に格好いい敵役のマッスルカーを再現しました。




 オーストラリア・フォードのファルコンという車はそもそも本家フォードの車種がオーストラリアに輸入されたものですが、後年は元々のファルコンとは全くの別車種となっていきました。70年代のファルコンXAクーペはマッスルスポーツなデザインで、マスタングのオーストラリア版といえるような車でした。

redxacoupe_2.jpg

 70年代マッスルのボリューム感を出すためにいつもとは違うボディの組み方をトライしています。ボディサイドはタイルとカーブスロープを貼り付けることで、丸みのあるラインを表現しました。ボンネットからは8本のインテークパイプが飛び出しているので、丸ポッチを2個使って控えめに再現しました。過度な派手さは抑えるように心がけました。またサイドのマフラーについても本来なら片側に4本出しているところを2本に省略しています。奥まったグリルには黄色のヘッドライト、下にはフロントスポイラーを付けています。

redxacoupe_3.jpg

 タイヤはリアに黒のワイドスリックを使い、さらに2x2ワイド車軸で幅を広げています。ヒップアップなスタイルと合わせて迫力ある見た目になりました。フロント側は色を合わせるために黒の丸ポッチをホイールにしました。大きなリアウィングは黒の垂れポッチを4個使う贅沢な組み方をしています。ルーフからバンパーにかけては黒色です。バンパーはグレーにするか黒にするかは悩みました。

redxacoupe_4.jpg

 裏面を見ると横組みのためのブラケットが並んでいます。このようなブラケット大量使いは最近の公式製品でもよく見られます。4幅車でも取り入れていくと新しいボディラインを生み出すことができるテクニックです。

redxacoupe_6.jpg

 この車は劇中では敵のグループの一員として登場します。警官崩れのバッドコップがボウガンを手に箱乗りして攻撃を仕掛けてきます。荒廃した世界観や設定、ファッションなども含めて車の格好よさは最大限に引き出されるのだと思います。

redxacoupe_5.jpg

 なんでもかんでもシャコタンにしてしまう私にしては珍しく高い車かもしれません。道路の整っていない荒野では地を這うようなシャコタンは成立せず、自然とこのようなスタイルになります。私も車の格好よさは一つだけではないと思っています。マッドマックスは一つの映画の名前ではありますが、それはもはや単なる映画という枠を超えたカルチャーの名前とさえ言えるのではないでしょうか。マッドマックスは間違いなく格好いい車のあり方の一つなのです。

mm2_rxa00.jpg
Futuro Finale 2088AD_ Red XA Bat

 実車にはボンネットに大きくコウモリが描かれていますが4幅車では省略してしまいました。またフロントスポイラーのフォグライトも省いています。主人公が乗るインターセプターはファルコンXBとなり、この車の後継車となります。XA、XBというのは年式によってアルファベットが進んでいくというオーストラリア車ではよくある名前の付け方です。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/562-08da43f9