マッドマックス:スピードの彼方へぶっ飛ぶマッスルカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

マッドマックス:スピードの彼方へぶっ飛ぶマッスルカー

scorcher_1.jpg
Scorcher
関連:戦う車!第4回レゴ4幅車プチビルコンまとめ・前半 | LEGO画像掲示板

 マッドマックスの最新作にノックアウトされた私は、当然レゴでマッドマックスな車を作ることを決意しました。4幅で荒野の戦う車を作り出すことが私の新しい課題でした。




 マッドマックスはクレイジーな映画です。この映画に出てくるクレイジーな車をレゴで作ってみたいと、レゴラーなら誰もが思うことでしょう。ただし気をつけなければいけないのは、それを表現するために自分まで狂気にのまれてはいけないということです。私が普段作っているようなショーカーとは異なるテイストのものではありますが、作る上での基本コンセプトはいつも通り、シンプル&クリーンに格好いい車にすることでした。
 マッドマックスの車を作るにあたって私は、劇中車の完全再現ではない、あくまでオリジナルの車として製作することにしました。その上で映画の世界観にできるだけ合わせ、実際に登場してきてもおかしくないものに仕上げることが目標です。

scorcher_2.jpg

 フォルムは70年代マッスルカーを目指し、劇中で改造されたインターセプターを大きく参考にしています。ボディカラーはダークグレーを選び、エンジンやマフラー、バンパーなどをグレーにしてディテールを浮かび上がらせることを目論んでいます。オーバーフェンダーを付けてタイヤを大型化し、車高もかなり高めにしました。エンジンはボンネットから大きく露出させ、マフラーもうねりを加えて横に長く突き出すスタイルです。フロントフェンダーの内側に見えるディテールと、マフラーの出し方はお気に入りのポイントです。ボディサイドにバーが付いているのは、走行中に外にいる仲間の足場とするためです。

scorcher_3.jpg

 後ろは人が乗るスペースを空け、銃座を付けました。ダークグレーのシールドはプレーンなものが足りなかったのでやむなくシールつきを使いましたが、標識をリサイクルして使っている雰囲気がかえって世界観にマッチしてくれました。テール部分の下には鉄のトゲトゲを装備されて、後ろからの追突攻撃から身を守ります。

scorcher_6.jpg

 ダークグレーということでカーベースを使いました。色さえ合えば車高の高い車には割りと使いやすいパーツです。このため現行のシティの4幅車ともスケール的に一致しています。またハイリフトな車はどうしても下側が寂しくなってしまうので、中央を通るプロペラシャフトを付けました。シャフトに見立てた棒は前川のクリップで掴んでいるだけです。

scorcher_4.jpg

 スピード重視で敵の車の前に回り込んで攻撃を仕掛けることを想定したマシンとなっています。大きなエンジンやタイヤも目的を果たすための必然的な装備と考えています。運転席にはもちろんミニフィグが乗りますが、キャビンを後ろに寄せているためにハンドルを付けることはできませんでした。

scorcher_5.jpg

 乗せるミニフィグも重要で、ウォーボーイズ役にはチーマ・シリーズのライオン族を使いました。現行シリーズでたくさん手に入るという点は良かったのですが、頭は両面プリントなので被り物なしで使うには不都合がありました。そのため改造行為に当たるものの、片側のプリントを激落ち君でひたすらこすって落としました。
 今回のプチビルコンでは同じコンセプトで6台のマッドマックス的な車を作りました。今回はその1台目ということで、次回以降も続けて紹介していきます。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/568-1e231bb5