マッドマックス:チョコレート色の戦闘ホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

マッドマックス:チョコレート色の戦闘ホットロッド

timtam_1.jpg
Tim Tam
関連:戦う車!第4回レゴ4幅車プチビルコンまとめ・後半 | LEGO画像掲示板

 マッドマックスカーの4台目はもっとずっとシンプルなものを目指しました。ディテールを盛るだけではないマッドマックスの世界観の表現が目標です。




 典型的なホットロッドスタイルはタン色のTwin Headsをすでに製作していますが、今回の車は同じホットロッドでももっとボリュームを削いだ形にしようと思いました。前回の車はエンジンやタイヤなどがかなり盛りだくさんな内容だったため、自分が目指す方向へと軌道修正を図ります。これはマッドマックスというテーマとは関係なく、4幅車におけるエンジンディテールの正しいサイズ感を追求していく作業です。

timtam_2.jpg

 ボディカラーはサビ色の雰囲気が出る茶色です。エンジンはできるだけ小さくまとめて、エンジンベイに空間を感じさせるように注意しました。エンジンは双眼鏡を並べることで、8気筒分のファンネルを表現しています。また濃いボディカラーに合わせてメカ部分の色はダークグレーにまとめました。しかしホイールだけはダークグレーで統一できなかったのでグレーにしています。フロントグリルは一体整形ではなく、パーツで組む形で垂直なグリルにしました。ここには5方向ポッチが活躍しています。フロントタイヤは大きくキャンバー角を付けました。

timtam_3.jpg

 後ろはピックアップ形状です。ルーフは前のホットロッドと同じ作りで上が開放されています。銃座もゴツくなりすぎないように最小限のパーツで組みました。ボディの前後には黒い爪プレートで防御力も高め、実際に荒野を行きぬくためのスタイルであることを主張させています。

timtam_4.jpg

 荷台にミニフィグを立たせると様になります。マッドマックスの世界では車に乗った状態で戦うので、ピックアップには一定の需要があります。トラックではない車もトランク部分を抜いてスペースにしている車両が多いです。ミニフィグは背が低いので乗せたときのバランスは若干チビっぽいですが、ギリギリ格好の付く範囲で立たせることができました。

timtam_5.jpg

 フロントグリル部分はこの車で一番頭を使った部分かもしれません。5方向ポッチを中心に据えたラジエーター本体はすぐに完成しましたが、取り付け方に悩みました。反対側の黒い蛇口で接続されています。エンジンフードを取り払ったホットロッドスタイルは一見荒々しい風貌でもありますが、オーナーの美的感覚によって美しく、格好よく仕上げられたものに違いありません。ちなみに車名の「Tim Tam」というのはオーストラリアのお菓子で検索したら出てきたチョコレート菓子の名前です。彼らは実物を食べたことなどないと思いますが、紆余曲折の末に名前だけでも残っていたら面白いと思って付けました。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/576-2396c2f6