レゴロボ×4幅車 | 炎のレゴオフ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

レゴロボ×4幅車 | 炎のレゴオフ

limerobo_1.jpg
Builder: マンティス

 たくさんのレゴ好きが集まるオフ会はミックスカルチャーの場です。車以外にも様々な趣味が集まり、レゴという一つの素材で多様に表現されています。




 私が車を作っているように、だいたいのレゴラーには自分の得意なジャンルというのがあって、戦車だったり船だったりをまとめて持ってきています。長いことオフ会で4幅車のカーショーをやっていると、そんな普段は車を作らない人たちが4幅車を持ってきてくれたりするのでとても嬉しいです。ここに紹介するビルダーは過去において何度も私のカーショーに参加していただいていますが、車メインではないオールジャンルな作品を作られています。特に独特な視点を持っているビルダーで、そのユニークさはこの変身ロボットにも表れています。

limerobo_3.jpg

 扉画の立派なロボットは実は元々こんな形でした。ヘリコプターキャノピーを使った少し未来チックな車です。ベージュのスーツを着た男が乗っているあたりがレトロフューチャーな雰囲気でもあります。ボディ表面は黄緑色のタイルとプチスロで覆われているといった風体です。ボディ真ん中でパーツが左右に分かれているところから、これだけ見ても変形を予感させます。

limerobo_4.jpg

 少し高くなったリアデッキはギミックを仕込んだためのボリュームです。しかし車のフォルムとしては全くおかしくはありません。ボディサイド部分は下回りが内側に丸め込まれているのが車らしい質感アップにつながっています。後ろ側にギミック用のグレーのヒンジプレートが見えています。灯火類は青で統一されているようです。こちらもボディが左右に分割される様子で、キャノピーを掴んでいるクリップが片側にしかありません。キャノピーが左右で二つに割れないことが変形への難易度を高めているとのことです。

limerobo_2.jpg

 理論上は部品の取り外しなしでの変形が可能で、ただしミニフィグは一度空中に放り出さないといけないようです。さきほどの車から変身したとは思えないほどの大きさに感じます。ヒンジやボールジョイントを使った手や足の収納とアクションは普通の4幅車にはないメソッドです。タイヤは前後とも体の中心部分に残されています。車軸を左右分割できないことも、変形ロボを作るには弊害になっているようです。
 ロボットは特に日本で強く愛されているジャンルだと思います。レゴで作るビルダーも特に多いです。日本では昔からガンダムなどのロボットホビーが溢れており、子供の頃からそれらで遊べる環境にあります。そうした環境こそがカルチャーを育むためには大切なのでしょう。小さい頃に慣れ親しんだものが、大人になってからもビルドスタイルに影響を与えるのです。ですからこのロボットカーは私の人生にはない要素を含んだ結晶としてとても刺激的な1台です。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/585-fcc59e5b