毒の猛牛。ヴェネーノ・ロードスター | 趣味の部屋 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

毒の猛牛。ヴェネーノ・ロードスター | 趣味の部屋

veneno_1.jpg
Lamborghini Veneno Roadster
Builder: Ki-TAK
レゴ・毒の猛牛 ( おもちゃ ) - 趣味の部屋 - Yahoo!ブログ

 ヴェネーノとはスペイン語で「毒」という意味であり、伝説的な闘牛の名前でもあります。その名を冠した車ヴェネーノはランボルギーニが製造した特別なスーパーカーです。




 この車のデビューは2013年、この年はランボルギーニが自動車を作り始めてから50周年という大きな節目でした。スーパーカーの代名詞であるかの有名なカウンタックのデビューは創業から10年足らずであり、トラクターメーカー出身のランボルギーニは早いうちから頭角を現し現在に至っては世界でも一流のブランドになりました。ヴェネーノはそんな輝かしい歴史を祝うために作られた超限定車で、ロードスターは限定9台、最初に登場したクローズド版は限定3台という生まれながらにして幻のような車です。

veneno_2.jpg

 この車のデザインを受け止めるには日常見ている自動車のことは一旦忘れないといけません。4幅車でランボルギーニのようなスーパーカーを作ることは今までにもたくさんのチャレンジがありましたがとても難しいことです。この車は限られた範囲の中でも非常にたくさんの「平坦にしない」工夫が施されています。カーブスロープの積極的な投入はもちろんのこと、内側まで食い込ませたドアの取り付けも素晴らしいアイディアです。また車の顔を作り出すヘッドライトの組み方も非凡なもので、普通の車とは違ったエキゾチックな雰囲気を放っています。最近のルマンレーサーの流れを取り入れた背びれや、シャープなデザインのサイドミラーなど現代スーパーカーを主張するディテールがしっかり取り入れられています。

veneno_8.jpg

 前後でタイヤの径を変えているのは思い切ったディフォルメです。実車でも前後でホイールに1インチの差がありますが、もちろんここまでの極端な差にはなりません。しかしレゴではそのレベルまで些細な違いを出すことは当然難しく、ビルダーはその特徴を均一化してしまうか、反対に尖らせてしまうかの選択を迫られます。
 4幅車はどうしてもリアルな車にはなりません。模型としてプラモほどの精巧さがないのはレゴ全体に言えますが、4幅車は小さいので特にリアルとはほど遠くなります。求めるのは厳密な再現性ではないのです。きっとこのビルダーも私と同じ志を持っているのだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/587-2abf38e4