空想の歴史。1933年型ケストナー231 | Flickr - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

空想の歴史。1933年型ケストナー231 | Flickr

15637896344.jpg
1933 Kastner 231
Builder: Chris Elliott
1933 Kastner 231 _ Flickr - Photo Sharing!

 ここに紹介する3輪車は日本のオート3輪とはちがい、後ろが1輪となる欧州のスポーツタイプを模しています。この車の誕生は1933年。ただし空想の中での話です。




 231は第二次世界大戦に至る数年前に開発されたドイツの小型オープンカー(ランナバウト)であり、大戦中はナチスの司令本部と前線との間をつなぐ伝令車としてその使命を全うしました。ナチスドイツが敗れたあと231の生産は停止され、二度と再開することはありませんでした。ケストナーは自動車の製造を継続しましたが、政府との契約を失ったことによって利益に重大な損失を受け、戦後は著しく規模を縮小したあと産業において最盛期の業績を取り戻すことはありませんでした。

 これがこのケストナー231という車の「歴史」ですが実は全ては嘘、ビルダーの空想によってそれらしく作られたお話です。このビルダーの作品はどれも美しい写真で撮影され、そして具体的な年式と名前、そして詳細な歴史が添えられています。全ては想像の話、あるのはレゴで作った小さな車のみ。それは素晴らしいレゴの遊び方ではありませんか。

16264585995.jpg

 3輪のユニークなスタイルに目を奪われそうですが、この車は細部に至ってもこだわりがたくさん見られます。ビルダーの設定によればエンジンは空冷2気筒とのことで、フロント部分に露出しているV字のメカがそれにあたるようです。この車は架空でありながらも、同じくV2エンジンをフロントに積んだイギリスのモーガンがインスピレーションの元になっているようです。他にはリア1輪の取り付け部分など左右非対称なディテールも魅力的です。前後のライト、サイドマフラーなどは左側に寄っており、左ハンドル仕様を意識した配置であると思われます。4幅なので実際にはミニフィグはセンターに乗ります。

16094988690.jpg

 ドイツ軍ヘルメットを被った女性が乗っているのは現代のコスプレなのか、それとも当事のお遊びなのでしょうか。説明文には「ごく基本的なパーツで作られており、現在でも修復が容易」であると書かれています。それゆえに現在でも愛好家によって多数の固体が元気に走っているということでしょう。元々ほぼ軍用で使われていたにも関わらず、現在は純粋な軽量スポーツカーとして愛されているとしたら素敵なことですね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/591-6605d17d