マッドマックス:火を噴くモンスタートラック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

マッドマックス:火を噴くモンスタートラック

flamemonster_1.jpg
Flame Monster
関連:戦う車!第4回レゴ4幅車プチビルコンまとめ・後半 | LEGO画像掲示板

 砂煙……炎……裸の男たち……マッドマックスカー最後の1台はデカいぶつを仕込もうと思いました。その大きさにマッドネスを感じられるような……。




 マッドマックスに出てくる車が完全にオフロード仕様になっていったのは道路が完全に埋まった3作目からで、このような本格的なモンスタートラックが登場したのは意外にも今作が最初だったりします。映画にはその名もビッグフットと呼ばれる車が登場しますが、私の車はそこからインスパイアされた別の車両として製作しました。過去の物資がどんどん減っていっている時代にも関わらず、車はどんどん派手に進化していくのが面白いです。強い者ばかりが資源を独占している情勢を反映しているとも取れます。

flamemonster_2.jpg

 モンスタートラックは巨大な車です。しかしここでもボディの盛りすぎは控えるようにしました。他の車との整合性を保つためにボディはもちろん4幅に収め、ホイールベースと全長も長くなりすぎないように注意しました。その上でバランスを保てるビッグタイヤを選ぶという具合に調整しています。今回もパーツの都合からボディはダークグレーになりましたが、同じ色でビッグフット用のタイヤとホイールを持っていたのはラッキーでした。この色のこのホイールは2003年に一度リリースされたきりですという割とレアなパーツです。ボディサイドから出したマフラーや、ボンネットから見えるスーパーチャージャーのインテークは、大きなタイヤとのボディのバランスを保つ「見た目上」のウェイトのようなものです。実際このくらいの装備であれば現在の競技用のモンスタートラックとしてもおかしくはありません。

flamemonster_3.jpg

 もちろんただのオフロードカーではないので、活きるために必要な武装も備えています。荷台の戦闘員が使うための火炎放射器を2基装備させました。キャブの後ろにはそのための燃料タンクを配置し、ひもパーツをつかってちゃんとタンクとつながっているように見せています。色味が付くのを避けるためにこの車もテールライトはありません。ヘッドライトは必要でもテールライトって必要ないですよね。

flamemonster_4.jpg

 今は大型の炎パーツが出ているので火炎放射器もかなり迫力が出せます。本当はマフラーからも火を噴かせようと考えていたのですが、写真に撮ったときにごちゃごちゃしすぎるのでやめました。

flamemonster_5.jpg

 丸ポッチを積み上げたサスペンションなど、足回りはできるだけ実際のモンスタートラックの構造に近づけるようにしました。また車の雰囲気を出すためのタイヤの配置にも気をつけないといけません。大きいタイヤはただ車につければいいわけではありません。タイヤの端はボディよりも前に出ているくらいがちょうどいいバランスです。リアはオーバーハングが長くてもそれほど違和感はありませんが、タイヤとボディの端はほぼ同じ位置くらいにしています。ボディ全長に対してタイヤの位置が内側になってしまうと格好悪くなってしまいます。

flamemonster_6.jpg

 今回もミニフィグはチーマのライオン族を使っています。片側の顔プリントを激落ち君でひたすらこそぎ落としたのも今となってはいい思い出です。面倒なのでもうやりたくありません。マッドマックスもこれでやりたいことは一通り成し遂げられたような気がします。残るはこれらの車と戦わせるための大きなウォーリグを6幅で作りたいですね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/595-6afe5a17