[60113]シティ6幅ラリーカー・レビュー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

[60113]シティ6幅ラリーカー・レビュー

60113_7756.jpg
60113 Rally Car

 2016年シティの新製品は1月からお店に並びました。今年も車のセットはたくさんということで、4幅車ビルダーには要チェックなこの6幅ラリーカーをレビューします。




60113_7744.jpg
 6幅のボディに4幅のキャビンとなるのが最近の、リアル志向な車の傾向です。車に特化したスピードチャンピオン・シリーズもそうですし、シティでも2014年の#60053 Race Carからはこのような形態となっています。6幅と言っても屋根周りが4幅なので私たちの部品供給にとっては優秀な存在です。

60113_7748.jpg
 車の色は黄色と黒ですが、こうして見ると案外赤の割合も多いです。この中で一番嬉しいのは6スポークホイールの白が新登場したことです。黒・グレーに続いて3色目のバリエーションとなります。いきなり安いセットに入れてくれたことも良心的ですね。4幅カーベースは角が直角の古いタイプで、角が斜めになっている現行カーベースより使いやすい面もある品です。他には屋根や窓も4幅タイプのものが入ります。シティフェンダーは黄色と黒が2組ずつ。レーシングスーツのミニフィグトルソーはこのセットの魅力的なアイテムです。

60113_7747.jpg
 細かいパーツはクリアパーツやプチスロなどいつものシティらしい構成の中に面白い新パーツも含まれています。最初に目に付くのはフォグライトカバーのプリントがされた丸タイルでしょう。セットでは4個使いますが、余り付きで5個入っています。また今までならシールになっていただろうメーターの絵柄もプチスロにプリントされています。地味な新パーツとしては右側のダークグレーの筒状パーツです。長さ1のテクニックピンコネクターは、両側が凹となる便利パーツとして能力を発揮しそうです。

60113_7746.jpg
 レーシングカー風のパターンはシールとなります。チェッカーフラッグ用のシールはちゃんと両面用意されています。ここを昔みたいにプリントにしてほしいという声もあると思いますが。

60113_7749.jpg
 組み立て途中。カーベースを中に埋め込み、6幅に広げています。ミニフィグが乗る部分の両側はパネルが置かれます。車軸さえ狭いものに変えれば4幅車も作れそうです。

60113_7752.jpg
 組み立ててシールも貼って完成です。フロントはこれでもかとライトがたくさん付いています。夜になったらフォグのカバーは外すのでしょうか?リアの車高が上がっていますが、フロントはそこそこ低いので激しい砂地や岩場までは走らなそうです。白いホイールはやっぱりレーシーな雰囲気で良いです。今のシティはグレーのホイールが標準的になってくれたので、こういったところで白ホイールを活用できるようになりました。

60113_7753.jpg
 大きなリアウィングが付いていてヒルクライムマシンのようです。屋根の後端もスポイラー状になっています。このパーツは屋根パーツにスムーズにつなげることができる数少ないパーツの一つだったりします。形のアクが強いので使いづらいですけど。マフラーには1Lコネクターが使われています。1x1ラウンドブロックよりも若干短く、また出口も大口径となるのでマフラーの表現として大いに使えますね。

60113_7754.jpg
 レーシングミニフィグはこのセットを買う大きな動機になりえるのではないでしょうか。「Air Borne」ブランドは以前出ていたモンスタートラック・トランスポーターやアクロバット飛行機のセットにも使われていた名前です。今回のスーツは新カラー版での採用となりますが、ラリーカーが小山をジャンプするイメージからでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/598-65a6ede7