No More Horse Power:馬車ホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

No More Horse Power:馬車ホットロッド

classycoupe_1.jpg
Classy Coupe

 典型的なホットロッドは戦前の車がベースとなります。しかしカルチャーには厳密な定義など最初には存在していません。どんな車であれそれが格好よければ認められ、ジャンルとして広まるのです。




 ホットロッドに関しては以前から何台も製作してきました。中でも私が以前からプランを暖めていたのは馬車ベースのホットロッドです。またはこの手の車はコーチロッドと呼ばれるのかもしれません。4幅以外ではレゴの既製品馬車を改造したホットロッドは過去においてちょっとしたシャレのつもりで製作していました。しかし私の本当にやりたいことは4幅でそれを作るということでした。

classycoupe_2.jpg

 馬車のホットロッドの製作はまず馬を外すところから始まります。古い時代の車輪も取り外して、自動車用のホイールとタイヤに交換します。これだけで馬車が自動車に変身です。あとはそれを格好よく見せるためにバランスを整えるだけです。だいたいの「物」はホットロッドに改造することができるのです。リアタイヤを大きくし、小さい前輪はフロントを延長して前に飛び出させます。馬車のキャビンはそのまま活かし、ヒップアップな姿勢に固定します。運転席も馬車を活かして外側に剥き出しです。あとは適切な位置にヘッドライトとガソリンタンクを配置します。フロントにV8エンジンを置いてもっと分かりやすくホットロッドにする手もありましたが、今回はあえて見える所には配置しませんでした。

classycoupe_3.jpg

 こう言ってはなんですが、車というのは時代が進むごとに質素になっていきます。初期の自動車、さらに昔の馬車にいたっては走る高級家具のような趣があります。古い馬車のボディに見えるようにパールゴールドの部品を使って装飾を付けました。パールゴールドはクセのある部品が多いので4幅車に使うにはちょっと難しい色です。トレッドが4幅となるため4幅車としては少し大きめですが、本物の馬車も割りと大きいと思うので実際はちょうどいいサイズ感ではないかと思います。

classycoupe_4.jpg

 ボディ全体はしなるように逆への字に折れ曲がっています。キャビンとフロント部分は二箇所のクリップによるヒンジでつなげられており、自重によって自然とマンガのような尻上がりスタイルになります。

classycoupe_5.jpg

 キャビンのドアは下ヒンジで開きます。全体が前に傾いているので乗り降りはしづらいかもしれません。ミニフィグの服装も車に合わせた古めかしいものにしてあります。今回の車は何年も前から構想だけしていたものなので、こうして形にできたことは嬉しいです。4幅車は単品のレゴ作品としては非常に小さいですが、自分の車を完成させた喜びは何事にも代えがたいです。

StagfrightREAL.jpg
Stagefright - Hot Wheels Wiki - Wikia
 デザインの元にしたのはジャック・キーフが1976年に製作したステージフライトというカスタムカーです。1978年にはホットウィールからもモデル化された馬車ロッド界の有名車でもあります。車高セッティングなどは私のオリジナルで変えています。この車はキャビンがファニーカーのようにチルトアップして中にエンジンが搭載されています。そのため中に人は乗れないようです。
 馬車ベースのホットロッドはこの車以外にも実例はあり、一つのジャンルとして成立するくらいにはなっているようです。どちらかというとゲテモノに入りますが、おふざけだからと言ってダサい車を作って良いことにはならないのがアメリカ流です。どんなものでも格好よくするのがホットロッドです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/600-417178cc