スーパーロー、スーパーカー! | ワンフェス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

スーパーロー、スーパーカー! | ワンフェス

superlow_1.jpg
Builder: コランダ
関連:キット売りました!ワンフェス2016冬・4WLC-UG/JLUG出展

 4幅車の低さ競争は熾烈さを極めます。屋根を低くするために今まで様々な方法が考えられてきました。そしてまた新しい道がここに示されることになります。




 やっぱり車を格好よくするには屋根を低くすることがポイントです。タイニーターボがスタイリッシュで格好いいのも、フィグなしで屋根が低いからです。しかし私たちが作りたいのはあくまでフィグ乗りの車です。この条件で低い車を作るのは簡単ではありませんが、だからこそ技術の開発は熱意を持って行われていると感じます。

superlow_2.jpg

 この車の前身は去年の8月にツイッタークイーンに選ばれています。今回ワンフェスにて登場したのはボディデザインを刷新した2016年モデルです。異様な低さはそのままに、ボディスタイルはより洗練された格好いいものになりました。中にはちゃんとミニフィグが乗っているのが分かるでしょうか。もちろんミニフィグは仰向けに寝かせて乗せているわけですが、このシルエットをフィグ乗りで実現できたのは驚きです。ボンネット部分も極限に薄くされており、パネルを横向きに使ったフェンダーが素晴らしいテクニックです。フロントガラスは旧ヒンジのあおり窓を使っていますね。
関連:【Twitter】2015年8月のツイッタークイーン:SUPER LOW #4wlc

superlow_3.jpg

 1プレート分のリアウィンドウが低さを強調し、後姿もとてもクールです。パネルのフェンダーにつながるカーブとスロープのラインが非常に美しく扇情的です。ただ低いだけではなく、車の格好よさも見せてくれる1台に仕上がっています。縦目になったテールライトも斬新な形でよいですね。プリントの黒いナンバープレートで非常に引き締まって見えます。

superlow_4.jpg

 低さの秘訣は床面に1x4x3パネルを使っていることです。床を薄くするためにパネルを横倒しにするテクニックは以前から行われていましたが、4幅の大きなパネルを使っているのは初めて見ました。車ドアがスペースにピッタリ入るというのも新しい発見です。ただし現在のパネルは補強が入って両端が分厚くなってしまうので、これは旧タイプの部品でないとできません。

 4幅車ビルドの世界は常に驚きに溢れています。4ポッチの間に無限の可能性があるのではないかと感じてしまいます。高度化につれて大型化していくのではなく、むしろサイズダウンしていくのが4幅車の特徴的な一面でしょうか。まだまだこの先も4幅車で遊んでいられそうです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/602-4c6525e4