Sweet Fresh Juice:オレンジが放つ鮮烈な輝き - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Sweet Fresh Juice:オレンジが放つ鮮烈な輝き

emorange_1.jpg
Emorange

 これは私にとって原点回帰的な想いを持って製作した車です。常に新しいことを見つけていく姿勢は賞賛されて当然です。しかし過去のものに価値がないとは言っていません。




 これは私個人のビルドスタイルに関する話ですが、4幅車を作るにあたって新しくあること、またはユニークであることをアイデンティティーにはしないようにしています。誰もやったことがないビルテク、まだ他の人が使っていないパーツ、真似できないような独創的なボディデザイン……もしそんな要素のある「新しい」車を作れたら私なら絶対にみんなに自慢します。新しいことは素晴らしいことです。しかしそれだけを拠り所にするべきではないのです。
 私の絶対の信条は4幅で格好いい車をつくるということです。そのためにはなんでもします。新しいことでも古いことでも構いません。誰かがすでにやっていること、過去の自分が一度やったこと、そんなことは関係ありません。常に縛りのない最大限の選択肢から最良の手を選ぶべきだからです。
 ですから今回の車には新しいポイントなんてほとんどありません。過去の経験を総動員して、ただ格好よくあることだけを考えて作りました。

emorange_2.jpg

 最近は作る車のサイズが大きくなりがちだったので、ここは一端落ち着いて以前のスタイルの車を作ろうと考えました。車を格好よく見せるための色は派手なオレンジを使うことにしました。無駄な混ぜ色は使わずできるだけオレンジだけでボディを構成し、ハイエンドでクリーンなカスタムカーのような雰囲気を出そうと思いました。使うホイールはレーサー5スポークです。11mm径ホイールの元祖ですが、今でもこのデザインは十分通用します。

emorange_3.jpg

 オレンジ色を最大限に活かすために窓ガラスと前後のライトは全てクリア化しました。クリア化の効果はかなり大きく、オレンジの発色が一層輝いて見えるようになりました。シンプルメイクなボディの後ろにはマフラーを忘れずに付けました。この車がただの置物に見えないように、車のパフォーマンスを感じさせるアイテムとして必要だと思いました。

emorange_4.jpg

 4幅車ビルドでは定番テクのSaku(kingjoker)さん式のガルウィングを取り入れました。実はまだ使ったことがなかったので、一度やりたいと思っていました。接続に使うクリップにオレンジがあったのは幸いでした。ドアの内側はショーカーらしくスピーカーを埋め込みました。リアウィンドウの下にもスピーカーを仕込んでいます。

emorange_5.jpg

 足回りは今どきのスタンス風に傾けてシャコタン化しています。格好いいカスタムカーならやっぱり低さはこだわるべきポイントだと思います。タイヤと車高のバランスこそ車の格好よさを引き出すものです。

emorange_6.jpg

 ひっくり返したところは少し格好悪いのが難点です。クリップ付きのブロックは白よりも黒を使った方が目立たなくて良かったかもしれません。

emorange_7.jpg

 今回の車はもう一つの車とペアとなるものとして製作しました。同じ方向性でまた違ったアプローチを図ったものです。紹介は次回の記事をお待ちください……。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/605-644a7a07