Sweet Fresh Juice:ライムグリーンの清涼系オーラ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Sweet Fresh Juice:ライムグリーンの清涼系オーラ

impulime_1.jpg
Impulime

 次々と新しいものが登場しようとも、やっぱり良いものは良いと言いたいものです。良いものには無理な個性付けもいらないものです。




 今回も特に新しいテクニックなどはありません。私が作りたいのはただ格好いい車で、将来見直してもまだ格好いいままでいる車です。しかしレゴビルダーたる者も皆人間なので、なかなか自分の作品に対しては冷静になれません。私もできるかぎり客観的な視点を持つように努めていますが、過去の車の中には今となってはまともに見ることができないものも多いです。車の格好よさの追求は簡単な道ではないですね。
 この車は前回紹介したオレンジのショーカーと対を成すものとして製作しました。色はオレンジとペアにするにはぴったりなライムグリーンです。4幅カスタムカーでも定番の人気カラーですが、手垢が付いた色でも格好いいものは格好いいのです。

impulime_2.jpg

 オレンジもライムもレゴに導入されてからもう長くなります。どちらの色もフェンダーや屋根など4幅車のためのパーツは揃っています。しかし供給の問題から若干ライムの方が車を作るには扱いやすいようで、作例もこちらの方が多いです。新鮮味には欠けるかもしれませんが、こちらも可能な限り余計な色は混ぜずにボディを作っています。ただしこちらは緩傾斜の風防を使う都合で窓がクリアにできなかったため仕方なく水色の窓にしました。少しでも統一感を出すために前後ライトも窓と同じ色に合わせました。透明な水色には2種類あり、窓は若干緑の入った色となることに注意が必要です。

impulime_3.jpg

 ホイールは同じく5スポークで、こちらはゼロキャンバーでちゃんとタイヤが回る仕様です。迫力を増すためにワイド車軸でセットし、サイドステップのエアロを付けました。マフラーはハーフペグで斜め上に向けた少し族っぽいものにしました。全体にシンプルに仕上げたボディの中で、この部分に関してはヤンチャ感を狙っています。

impulime_4.jpg

 同じタイプのガルウィングを装着しています。ライムにはクリップがなかったので白にしました。フロントセクションが屋根からしかつながっていないので、ガルウィングを開けようとするとかなり強度的に危なっかしいです。

impulime_5.jpg

 明るい白の内装は実にショーカーらしい雰囲気になります。ガルウィングのように大きくドアを開けて展示するのであれば、内側の見栄えにも気を配って当然ですね。ウィンドウに下に設置したスピーカーもより派手で大きなものにしました。

impulime_6.jpg

 車高を下げるために車軸の上下反転をしています。そこまでぺったんこには低くなりませんが、フェンダーの隙間を詰める方法としては今のところこれしかありません。タイヤの回転や接続方法の合法性を無視すれば他にもやりようはありますが……。なおこの上下反転のために接続箇所が減って全体の強度低下になってします。

impulime_7.jpg

 EmorangeとImpulimeは並べて展示することを前提としています。ペアルックでありつつも違いを出し、それぞれ異なる車種に見えるようにしました。改めて感じることはレーサー5スポークは格好いいということです。あと10年後に振り返ってもこの車がまだ輝いて見えるかどうかですね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/606-d1ce6890