ワイドボディの侵略!240SX | 小金井オフ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

ワイドボディの侵略!240SX | 小金井オフ

240sxwide_1_20160421224057e6d.jpg

240SX / Builder: 最澄

 レゴ4幅車は本物のカーシーンと密接につながっています。オーバーフェンダー、ワイドボディの侵略もやはり4幅の世界に及んできました。



 暴走族文化の影響を受けた後付けのワイドなフェンダーは最近のカスタムシーンではよく見られるようになりました。横幅が広がった姿はより平べったく、恰幅のよい迫力のあるものになります。ライムグリーンで作られたこちらの240SXはまさに今のトレンドに沿った1台です。

240sxwide_2.jpg 
 オーバーフェンダーは前後共に半ポッチずらしで作られています。フロントはタイルを斜めに貼ることで、フェンダーが真四角になることを防いでいます。またタイヤの後ろは覆わずに開放していることもポイントです。フェンダーに収まるのは新しく出たばかりの黒の5スポークホイールで、メッキなしながらも存在感をアピールしています。ボディサイドにはワンポイントでフルーツ柄のプリントが使われています。

240sxwide_3.jpg 
 リアフェンダーはカーブスロープで曲面が付けられています。ボディには隙間ができてしまいますが、全体のバランスを見た上では正しい選択に見えます。リアはバンパーを外した外観が特に見もので、1x4プレートがボディ裏側のプレス形状を表す見立てとなっています。ディフューザーとしての黒いタイルの取り付けも素晴らしいです。本当はフレームからリアウィングを取り付けたかったらしいですが、この美しいリアスタイルを守るためにはウィングレスで正解かもしれません。

240sxwide_4.jpg 
 車体は基本的にライムで組まれていますが、この車にはライムのフェンダーも屋根もパネルも使われていません。4幅車ビルドでは必需品とされながらも時に入手の難しいパーツを使わない組み方で、パーツを揃えるハードルは案外低そうです。ただし見た目だけからこの車をコピーするのは至難の業でしょう。
 この車は昨年のスタンスネイション長崎にエントリーした車が元になっているそうです。240SXはシルビア/180SXの北米名称で、カスタムのベースとしては人気の高い車です。車の選定といい、カスタムの仕方といいとても素晴らしい1台だと思います。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/638-01bceec3