黒い野獣。ワイドなスーパーカー | 小金井オフ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

黒い野獣。ワイドなスーパーカー | 小金井オフ

blackexotic_1.jpg

Builder: どみにく

 スーパーカーといえばストリートカーの頂点に立つ存在であり、まさに百獣の王といった風格があります。4幅でのエキゾチックな車作りは今どんどん加熱しています。



 フェラーリやランボルギーニなど、特に車好きでなくともその名前くらいは知っているはずです。現代的なスーパーカーといえばまずは低く、そしてワイドなデザインです。そしてそのデザインのセオリーはフィグ乗り4幅車で形にするには困難なものでした。

blackexotic_2.jpg

 全身を黒で包んだその姿は非常にアグレッシブなデザインです。低く尖ったノーズや傾斜したウィンドウ、緩やかにスラントするルーフラインなどはとてもスポーティであり、ワイドなボディがスーパーカーらしい体格です。ルーフを低くするために中にはミニフィグが寝た状態で乗せられています。それもこの車の題材なら全く逃げ道ではありませんね。ボンネットのカーブウェッジやスピードチャンピオンズのキャノピーなど、新しいパーツが4幅のスーパーカービルドに大きく貢献してくれています。4幅スーパーカーはもはやただの夢ではなくなっています。自分で形にすることができるジャンルの一つなのです。

blackexotic_3.jpg

 ボディはフロントからリアにかけて5ポッチ幅へと拡大されています。ご覧のようにテールライトは完全に5ポッチ並んでいます。4幅車ビルドで葛藤の種になるのは、車を肥大化させた結果のものが4幅車というより5幅車(または6幅車)のようになってしまうことです。4幅車としてのテイストを保ちつつワイド化すること、それがスーパーカーを作る上での重要なポイントになることでしょう。

blackexotic_4.jpg

 サイドエアロは側面ポッチのあるパーツで接続しています。グリルスロープや新型の2x2ウェッジの使い方が上手いですね。シルバーのスリットタイルを合わせたマフラーは、レバーの棒を使って固定しています。これは
既知のテクニックですが、先進的なデザインがこの車にはよく似合っています。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/640-bb0e4767