Legend:ハチロクが残したタイヤ跡 | HMR - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

Legend:ハチロクが残したタイヤ跡 | HMR

panda86_1.jpg

Toyota Sprinter Trueno AE86 / Builder: Lime

 ハチロクという数字は多くのカーガイにとっては特別な響きを持っています。日本のストリートカルチャーの中でも象徴的な存在です。



 ハチロクという車の背景には色々な伝説があります。そのため国内外でこの車に憧れた人間は多いことでしょう。そうとなれば4幅車の世界でも登場してくるのはごく自然な流れでしょう。この車は一年前のHot Minifig Ridesにエントリーされていたものです。当時は紹介しそこねていた車ですが、この一年間はこの車の強い影響力を認識させられました。そのため今年のHMR開催直前の今に振り返っておこうと思います。

panda86_2.jpg

 白黒のパンダカラーはハチロクの中でも最も有名なカラーリングです。角ばったフォルムはレゴ向きかと思いきや、絶妙な角度の傾斜は既存のスロープなどでは表現の難しいものでした。そこをスロープではなくボンネットを傾けて取り付けることでそのフォルムを再現しています。傾斜したウィンドウとの組み合わせで80年代のスポーツカー的なラインが綺麗に浮かび上がります。開いたリトラクタブルライト、バンパーとウィンカーなどその顔つきはハチロクそのものに仕上がっています。

panda86_3.jpg

 後ろ側は風防を使わずに1x3タイルを斜めに配置したピラーとなっています。スポーツカーならルーフラインはその個性を主張するポイントですからここの表現は非常に重要なポイントです。タイルを水平クリップで掴むことで固定しています。代わりにリアウィンドウ自体は黒いスロープが置かれています。テールライトも実車のデザインをイメージさせる素晴らしい組み方になっています。

panda86_4.jpg

 パネルを横倒しにして床の位置を下げるテクが使われています。屋根は専用部品を使っていませんから、室内はかなり狭く、これでもカツラなしのフィグを斜めに座らせることになります。

panda86_5.jpg

 ボディはストックに近いですが足元を引き締めるのは黒いメッシュで、チューニングの香りを感じさせてくれるものになっています。後ろにいるのは同じビルダーのフェアレディZパトカーで、日本のストリートのワンシーンを再現できます。2台とも非エントリーながら今年の群馬にやってくるので、参加者は是非とも自分の目でチェックしていただきたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

Kei says..."これ!"
以前からオフ会などの写真に写っていて気になっておりました!
最高に格好良いです。

Lime氏の作品はクリップ等を活用した微妙なラインの細かい造形に驚かされております。
憧れますが、なかなか自分では難しいのでうらやましい限りです。
これをコピーして勉強しなければなりませんね。。。
2016.05.03 21:51 | URL | #WoPsCzxg [edit]
Tamotsu says..."Re: Keiさん"
フリッカーやYouTubeなどでもたびたびこの車へのコメントが付くんですよねぇ。
最近はコピーしている人も多いです。
Limeさんのボディの作り方は驚くことが多いです。
私も色々と学ばないといけないですね。
2016.05.10 22:53 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/644-348f1693